Momo Uta 309 - Home

近況一覧

稽古後に銭湯に立ち寄っていること

稽古中です。これの。

劇団桃唄309 + N.S.F. + 東京オレンジ
短編劇集 vol.8 春カフェ
『健康いろいろ』
2015年04月23日(木) – 26日(日)
東中野/RAFT
公演情報
チケットのご予約

 
そして連続4回、稽古終わった後に銭湯に行ってしまった。
これはハマる。
10月から続くワークショップ行脚が一段落し、背中と腰がばきばきなのですが、あと左腕が神経痛なのですが、ジェットが! 電気が! 風呂で常態に戻そうと思っています。

今東京都の銭湯は1回460円。今日はついに、10枚綴り420円の都内共通回数券を買ってしまいました。

2015-0325

うふふ。いーでしょー。

過去3回の稽古後に攻略したお風呂は以下。

月見湯温泉

下高井戸と桜上水の中間くらいにある。温泉(黒湯)があるというので行ってみた。稽古、梅ヶ丘だったので近かった。浴槽、広い。22時過ぎていたが混んでいた。場所柄か、グループで来ている学生が多かった。黒湯に長く浸かった。良かった。

成宗湯

南阿佐谷にある。ロビーや脱衣場に自動車やバイクのミニチュアがたくさん。洗い場のシャワー、ホース付きで便利(付いていないところが多いはず)。ジャグジー槽に大型テレビあり。個人的にはいらんと思ったが、長湯する人にはいいのかも。

湯の楽代田橋

甲州街道と環七の交差点近辺にある。ビルの1階にある銭湯。露天あり。ロビーと脱衣所が新しい感じ。ロッカーがやや広め。エステバスとやらのジェットが強烈! 良い。肩に直接噴流をぶち当てるコーナーも良い。電気風呂、深くて座れるようになっているのが良い。

ちなみにぼくの住む杉並区には、こんなサイトが。
せんとう.jp

このサイトをたよりに攻略していきます。回数券あるし!

あと、たまたまだと思うんだけど、上の3つの銭湯、おっさんは一人で来ていて、若者は二、三人づれで来ている、という例しかなかった。なぜかしら、なぜだろう?


ウォシュレットを自力で取り換えた

自宅トイレのウォシュレットが、経年劣化で壊れてきました。具体的には内部タンクの水漏れ。

症状が始まったのは昨年後半。水漏れ箇所の下に百均ゴミ箱を置いて、水を受け止めていました。
最初は2~3週間くらいで漏水受けのゴミ箱が一杯になるような感じのペース。
それがじわじわと早まり、今年の6月に入ってからは、数日で水が溢れちゃうような感じになりました。

こりゃダメだ、と思い検索してみると、同様の症状に悩む人の声が結構拾えました。自力での修理が難しく、メーカー修理も結構かかると判明。

なので買い換えました。以下、写真はナシです。

続きを読む


貝磨き、その後

先日、貝磨きの愉しみについて書きましたが、その後も夜光貝、コツコツ磨き続け、今こんな感じです。

やはり川の中で拾った貝だけあって、だいぶ傷んでいました。削っているうちに端っこがボロっと崩れたり。
なので削りは一段落ってことにし、今は耐水ペーパーやらコンパウンドやらで磨いています。
ヒビが入っていたり細かい穴があいていたりですが、ともかく仕上げます。

写真を見ると、微妙に自分が反射で映っています。ぴかぴか、うふふ。

この貝で身につけたノウハウ(ってほどのものはないですが)を元に、いずれもっとちゃんとした夜光貝も磨いてみるつもり。


雑記:夜中にラムコークがどうしても&料理の話

夜中の2時過ぎに、クバリブレことラムコークをどうしても飲みたくなった。

ラムはあるけどコーラとライムがない。そして私はライムはなくてもいい派。なのでコカコーラだけを求めに近所のコンビニに行った。

で、今、目的のものを飲んでいる。

あれを食べたい! とか、どうしてもあれを飲みたい! って時は、たいてい体がそれを必要としているからである、と信じている。実際それで、なんらかの体調的問題をギリギリ回避できたことも少なくないように思う。
ラムコークのどの部分を体が求めているのかはさっぱりわからないが、こんなに飲みたくてたまらなかったのだから、きっとなにかに良いのだろう。

単に、水分とか糖分とかかもしれないけれど。

今週のはじめ頃、「長ネギをもりもり食べたい!」という気分になった。
ので、シリコンタジンで、鶏とネギと他の野菜を蒸した。

2013-07-08_001

シリコンタジンに薄切りのジャガイモを敷く。
ニンジンを並べ、中央に水炊き用の鶏もも肉を置く。
塩と胡椒と乾燥バジルをまきまき。
その上にネギを載せ、10分チンしたものが下。

2013-07-08_002

見た目はあんまりきれいじゃないが、ネギの香りが微妙に鶏肉にしみ、鶏や野菜から出た旨み汁をジャガイモが吸い、とてもおいしかった。シリコンタジン、おまえは出来る子だぜ。

そういえばこの時も、あまりの「お酒に合いそうなおいしさ」に、これは無理だ酒無しでは無理だ、と思って、とっておいた果物ビールを開けて飲んでしまったのだった。

下は、「どうしてもパプリカが食べたい!」と狂おしい気分になった時につくったお昼ごはん。

2013-07-04_001

左上、パプリカとほうれん草の炒め。右上、牛肉。
下、軽く焼いたトマト。
パプリカとほうれん草には、ダイコンおろし器でおろしたパルミジャーノをふりかけてある。いわゆる粉チーズより、ちゃんとしたパルミジャーノをすって使った方が美味しいし、香りが良いから少量で済むので健康的で経済的な気がする。
牛肉は、みりんと醤油を使って甘辛く炒めた。肉の調理にみりんを使うのが、先月から私のなかで流行している。ご飯に合うんだもの。

ああ、うまい、ラムコーク。


貝磨きの愉しみを知ったこと

奄美大島に通うようになって、夜光貝の存在を知りました。でかい巻き貝。食用。そして殻を削ると分厚く美しい珠層が現れる貝。古くは螺鈿の材料として利用され、正倉院の宝物にも、夜光貝を用いたものがあるそうです。現在は、ルアーやアクセサリ、インテリアなどに活用されています。

いいな、貝殻を手に入れて磨きたいな、と思っていたある日のこと。宇検村の阿室小中学校でワークショップをし、その後学校の前を流れる川沿いを散歩していました。そしたら川の中に夜光貝が落ちているのを発見! 誰かが食べてポイしたのかも。ともかく、川のなかに入り、拾いました。

拾った貝は小ぶりだし、かなり傷んでいたけれど、とても嬉しかったです。

それが2年前。今年になってからコツコツ磨き始めました。現状が上の写真です。

貝研磨素人の私にとっては、この時点でなんかもう、見とれる美しさに思えます。でもまだまだ磨き途中。真珠層が現れている部分も、もっともっと研磨する予定。そしたらもっと光沢が増し、色味も複雑になるはず。

よく見ると、小さい穴が開いていたり、あちこちヒビが入っているのがわかります。結構長い間、川のなかにいたっぽい。でも、いいの。愛着あるし、最後まで磨き上げる所存。

貝を磨きながら、中学校のときに書道の先生が、墨は丸い動きで磨ろう、心を丸くするつもりで、って良く言っていたのを思い出しました。こうやってぼーっと貝を磨いていると、心を磨いているような気分になります。うふふふ……。
貝磨きはなんだか精神安定に効果があるような気がします。もしくは心の変なスイッチをオンにしてしまう効果が。

大きさ比較のために、精密ドライバーと一緒に撮ってみました。

かなり小さいです。

ちなみに、これを拾って数ヶ月後、私が夜光貝を磨きたがっていると聞いて、貝殻をわけてくれた方がいました。結構大ぶりで、アクセサリが幾つも作れそう。ありがたくキープしてあります。

まずはこの拾った貝で磨き方を練習した後、頂いた貝殻を磨くつもりでいます。

ちなみに貝を拾ったのは、地図でいうとここ。


大きな地図で見る


青トマトジャムを食べた

いわきでの出張上演の際に頂いた、ファーム白石の青トマトジャムを、ついに食べてみました。

image

うむ、トマトだ。美味しいです。
ヨーグルトに合いそう。

詳しく紹介しているブログがありました。

→ 青トマトのコンフィチュールがヤヴァイ! (勝手にいわきガイド)

ファーム白石のサイトはこちら。いろいろ美味しそう。

ファーム白石

以上、慣れなくて悪戦苦闘しつつの、スマホからのブログ更新でした。


念願のコーヒー葉茶を入手した

近所にできたカフェのお兄さんがエチオピアに詳しくて、そこで聞いた話。
現地には、コーヒー葉のお茶というものがある。
それはコーヒーの味には似ても似つかないけれど、コーヒー産地ではわりと普通に飲まれている。

なんですと?! それは飲んでみたい! どんな味なんだろう?

なので主に海外で、入手できるところを探しまくったのですが、なかなか見つからず。

実のところ海外に、売っているところが2つあったのですが、1つはもうずっと更新されていない感じ。問い合わせメールをしてみたのですが、返事無し。
もう1つは、国外への発送をやっていませんでした。

ってなことが起きたのが、今から約1年半前です。

で、今年の1月に、イギリスのデイリー・テレグラフ 誌のサイトに、コーヒー茶葉に関するニュースが掲載! これです。

続きを読む


正月の近況など

hibiscus

2013年になりましたな。

正月の前後は寒いので、あんまり働かないのが理にかなっている気がします。
でも今年のは、なんか暖かい(東京)。
これはこれで悪くないですな。

今年も正月休みあけてすぐから、2月の終わり頃まで、ワークショップいっぱい。
その後は公演です。

去年は「2畳のスペースで上演できる短編劇を11本つくりました。今年も短編をたくさんつくるつもりですが、同時に上演の機会も増やしたいなぁと考え中。

ワークショップ方面でも、今までの積み上げを整理すると共に、新たな展開を模索していくつもり。

でもま、今年はこういう年にする、というのはあまり考えない方なので、気負わずやっていこうと思っています。


近況など

11月は中旬から下旬にかけて、ずっと奄美大島にいました。宇検村でのワークショップのためです。奄美から帰る日は11月末だったけど、昼間はTシャツでOKな感じの気温。そこから約10~15度寒い東京に戻り、さらに冷え込む愛媛へ移動。西条市でワークショップをいっぱいしていました。

で、これを書いている2時間近く前に、東京に戻ってきたところ。

これからいったん寝て、起きたら座・高円寺へ。

劇作家協会の月いちリーディング・劇場版の、リハーサルと本番のためです。

リーディングフェスタ・2012 戯曲に乾杯!

18:00~21:00
【2】 劇場版“月いちリーディング”

   宮沢章夫 『ヒネミの商人』 [ゲスト] 鈴木聡、マキノノゾミ/谷賢一、中津留章仁、夏井孝裕
[出演] 牛水里美(黒色綺譚カナリア派)、大沢健、キムラ緑子、剣持直明(劇団だるま座)、清水泰子、七味まゆ味(柿喰う客)、竹下景子、マキノノゾミ、丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、室井茉里奈
[コーディネイター] 篠原久美子
[ファシリテイター] 長谷基弘

通 常は稽古場で、主に新人の作品を取り上げている、定例の戯曲ブラッシュアップ・ワークショップ「月いちリーディング」。劇場に場所を移した今回は、岸田戯 曲賞審査員も務める宮沢章夫氏の、1993年上演作『ヒネミの商人』を取りあげる。再演に向け、ドラマリーディングと劇作家たちによるディスカッションを 通して、改稿へのヒントを見つけ出す。
[入場料] 1,000円

そしてこのイベントを終えたら、また愛媛に戻ります。今度は2週間滞在。

奄美や愛媛でのワークショップの様子や思ったこと、書きたいけれど、なかなか余力が残っていません。でも書く。そのうち……。