Momo Uta 309 - Home

ネット一覧

サンポートホール高松第1小ホールの3D図、客席も描いてしまった

出来心なんです。
好奇心をどうしても抑えられず。
どうなるんだろう、見てみたいって思ってしまったら、自分を止められず。
ま、とりあえず補助線をば、ちょいちょいっと。

動作が重くなるのも困るし、今日まで我慢していたんです。
でも、我慢してしまったのが良くなかったんですかねぇ。
結局、はい、つい。

←クッションだって、ほら、ね?
かなり簡略化して描いているんです。
底板だって省略したんですよ?
時短です時短!

背もたれもほら、かなりシンプルな形状にしたんですよ?
ホントは背骨部分が少しへこむ感じにアールがかかり、頭のぶぶんがこんもりしていて、かなり座りやすそうな形状だった気もするけれど、そこまでは凝らなかったんです。
時短ですよ。

そんでもって各パーツをグループ化し……。

ここまで描いて全体をグループ化しちゃえば、あとはコピペのペ……ぺぺぺぺぺぺペペッで……。

ばばーんっと、客席が。
どうしても見たかったんです、客席描いたらどうなのか。

ほら、ね? 「客席からどう見えるか」の検証が、ね? よりリアルに!

・・・・・・

さて。
先日、『風が吹いた、帰ろう』(9.23-24 高松公演)の稽古のために、サンポートホール高松第1小ホールの3D図面を描いたことをこのブログの記事にしました。

"SketchUp" という三次元モデリング・ソフトウェアがあります。 これの非商用無償版「SketchUp Make」を、今回の公演の稽古...

客席は描きませんでした。ふつーに考えたら、いらんって思います。
でも、客席ありの図を見てみたい、って思い、つい描き足してしまいました。

思ったよりも”SketchUp“の動作は重くならなかったです。

上は下見の時にとった客席です。

こんな風にして、誠実に、丁寧に、時に首を傾げたくなる凝り方をしてつくっています。
うちの団体にとって、四国で上演できる機会はそうそうないです。
高松、香川、四国、大井川以西の皆さま、劇場でおまちしています!

とある病気のいまとむかし
そしてふへんのあいについて

『風が吹いた、帰ろう』
2017年9月23日(土) – 24日(日)
サンポートホール高松 第1小ホール
2016年5月に座・高円寺1で上演した作品を、高松にて再度上演

SketchUp Makeで舞台の見栄えを調整している

SketchUp” という三次元モデリング・ソフトウェアがあります。
これの非商用無償版「SketchUp Make」を、今回の公演の稽古では、個人的に多用しています。

あ、今回の公演というのはもちろん、『風が吹いた、帰ろう』(9.23-24 高松公演)のことです。

この芝居、初演は座・高円寺1。あの広い舞台幅をいっぱいいっぱい使い切りました。で、高松にて瀬戸内国際芸術祭実行委員会主催による再演と相成ったわけですが、会場の「サンポートホール高松第1小ホール」は、ブラックボックスっぽいつくりの座・高円寺1と違い、がっつりと額縁(プロセニアム)があります。そして間口が狭くなり、奥行きは倍に。
初演と同じ絵づくりができません。
なので、SketchUp Makeを使って劇場の3Dモデルを(必要な部分だけ)描き、稽古前や稽古中に見ながら、人やものの位置を決め直している次第です。

上は現時点での配置です。日々変化しているので、あくまでも「現時点」です。
視点は客席8~9列目くらいのどまんなか。視点をグリグリ変えられるのが便利ですなぁ。

人型を置いてあるのは、パッと見たときに舞台の大きさをわかりやすくするためです。
左側の人たちは男性の身長、右の人は女性の身長っぽい大きさにしてあります。

この芝居、俳優は出番のないときも客席から見える位置で待機するシステムでやっています。
初演時は、床にラグを敷いてぺったんと座っていました。今回は、見え方調整と疲労軽減目的で、ベンチをご用意いたしました! ベンチの座面には厚さ5センチの高密度ウレタンも! さらにこの上にラグを敷いて座ります。ラグは描いていません。

地面のぽつぽつはバミリ(位置確認のためのマーク)。これらを全部貼るかどうかはわかりませんが。
アップしてみると……。

ほら、バミリ。
いちおうテープのつもりで描いてますが、本物とは違い3ミリの厚みを持たせています。厚みがないと、舞台面に埋まっちゃうので。
ちなみに実際は、前のバミリはLEDのものになるかもしれません。

上のように、舞台上から客席側を眺めることもできます。

この図の、人型、机、椅子、ウォーターサーバーは、SketchUp Makeの3Dモデル共有機能「3D Warehouse」から検索して持ってきました。
ありがたやありがたや……。

ちなみにウォーターサーバーはな? 「Water Server」で検索しても見つからないぞ、「Water Dispenser」で検索するんだぞ、坊主。

客席も8列目の段まで描きました。

ドアから入ってすぐのところにある、車椅子に座ったまま見られるスペース(合計8台ぶん)も描きました。だって気になるんだもん、車椅子からどう見えるのか。

この車椅子スペースの敷居みたいな部分、本当は上部に金属管の手すりもついています。
手すり……うーん、描きたい! 複雑に曲がったチューブ状の物体。描き上がった時に快感を得られそう!
でもあまり複雑にすると重くなるかもなので、我慢です。

下、おまけ。
7月20日に劇場下見に行った際の写真。

下、客席から撮った写真。

写真も見つつ図を描きました。
そしたら劇場が配布している図面と違う箇所を見つけちゃった……けど胸にしまう。
よくあることだし、あんまり大きな影響ない箇所だし。

いやしかし、こんな便利なことがホイホイできる時代なんですなぁ。

SketchUp Make、まだ一回もヘルプを読んだり使い方をWeb検索したことありません。
どういうわけかなんとなく操作できてしまう。
よくできたソフトだと思います。
でも、もっとちゃんと使い方を学んでも良いかなぁ、とも思っています。それはまぁいずれそのうち。

私ごときでもこんな感じなので、若い演出家の皆さんはもっとゴリゴリ使えてしまうと思います。

こんな風にして作っている最中のお芝居はこちら。下。

とある病気のいまとむかし
そしてふへんのあいについて

『風が吹いた、帰ろう』
2017年9月23日(土) – 24日(日)
サンポートホール高松 第1小ホール
2016年5月に座・高円寺1で上演した作品を、高松にて再度上演


ルートビアのカクテルはあるのか

夏に美味しいルートビア。日差しに照らされた後にゴクゴク飲む冷えたルートビアのおいしさときたら……。たまりませんよね! 内臓に湿布貼ってもらったみたいに、すーすー気持ちいいですよね!

そんなルートビアを使用したカクテルはあるのだろうか。

急に気になり調べてみました。

続きを読む


オスプレイのライブ映像とか、水族館の水槽とか

これはよい。

時差の関係上、夜中に見るのに良い感じ。

例えばこれ。オスプレイ(ミサゴ)の巣。

Bird Cams: Osprey

ヒナが、ヒナが~。

下のような、この手の水族館の水槽映像も、涼しくてよいです。

Guardians of the Sea: Aquarium of the Pacific

というわけで、下のサイト、動物のライブカム等がまとめていろいろ見られて良い感じです。

explore.com


DARPAの、映画のアレに似たロボットの動画

数日前、キモい動きをする4足歩行ロボットでおなじみのDARPA(米国防総省の機関、国防高等研究計画局)から、開発中の人型ロボット「アトラス(Atlas)」くん(プロトタイプ)が、同機関のサイト上で公開されました。
動画を見ました。

50秒目くらいから、アトラスくんの勇姿が。高めの段を飛び降りたり、おもりを横から叩きつけられてバランスを取ったり、障害をよけながら歩いたり。

動きを見ていても、もうキモいのかふつーなのかなんなのか、わからなくなってきました。

いちおう開発目的は災害対策のようですが、これやっぱり、兵士な感じがどこかしら。アレルギー反応起こす人とかいそうです。



ナバホ語版スターウォーズep4、出だし11分の動画を見た

ナバホ語版スターウォーズ(エピソード4)を上演している様子の動画を、YouTubeで見ました。

なに言っているかはさっぱりわかりませんでしたが。

見られるのは出だしの11分です。ちなみに1:56のC3POのセリフまで、セリフなしです。

ナバホ・ネイション(米国内のナバホ族準自治領)でのお祭りで上映するために、ルーカスフィルム他の協力で、制作されたものだそうです。

消滅危機言語は話者の少なさ・学習素材の少なさが問題ですが(というか少ないから消滅危機というスパイラル)、有名なエンターテイメント作品を消滅危機言語であてなおすのって良さそう。

日本にも、ユネスコに指定された消滅危機言語・方言が幾つもあります。例えば危険度ランキングでは、アイヌ語が「極めて深刻」、八重山方言が「重大な危機」、八丈方言、奄美方言、沖縄方言とかは「危険」。

日本でも、『となりのトトロ』みたいな映画の、アイヌ語や八丈方言や八重山方言版が出ると良いな、と思いました。

via See 11 Minutes of ‘Star Wars’ — Dubbed into Navajo!


もう電子鍼ナシではちょっと

5月からずっと、電子鍼を愛用しています。
手放せません。常に持ち歩いています。

自分は偏頭痛持ちですが、気圧が変動しやすい季節はつらいです。
特に梅雨から夏にかけては、夕方くらいから偏頭痛の兆しが、毎日のように。

一応偏頭痛の専用薬も携帯していますが、一粒の値段が高い。毎日飲んだらひと月で約1万円。

だもんで、管洸精器ハリボーイIIという電子鍼を導入してみました。電子鍼にもいろいろあったのですが、これがいちばん手軽で携帯しやすく、安かったので。

サイズも構造もノック式ボールペンそっくり。なかには圧電素子が入っていて、ノックすると先っぽの電極から電気がビッと流れるしくみ。

最初はおそるおそるでした。痛いんじゃないかと。
でも思ったより痛くなかったです。よゆーで耐えられる感じ。

こいつの良いところは、指とか爪のツボを攻めやすいことだと思います。

頭痛になりそうって時は、合谷(ごうこく:手の甲の、親指・人差し指の付け根間のくぼみ)を始め、指の関節や爪の頭痛に効きそうなツボ、それから肩井(けんせい:両肩のてっぺんのまんなか辺)、首の後ろ側のツボなどを攻撃。かなりの高確率で、頭痛を回避できています。
無理矢理ねじ伏せているだけな気もします。それでもまぁいったん頭痛の発作が起きると、長時間なにもできなくなってしまうので、ねじ伏せられるならその方が良い、という考え。

欠点は、ツボを確実に攻めるべき、という点。凝っているところにバチバチ打っても、効くって感じじゃありません(私の主観の話です)。低周波治療器のノリで使っても、効き目はそれほど期待できないかも。
面倒でも、ツボを調べて的確に打つのが良いように思います。

あと圧電素子は消耗品なのですが、メーカーに送ると圧電素子を有料交換してくれるそうです。

私は完全に頭痛対策だけの目的で使っていますが、消化不良とか、食欲が出ないとか、そういう消化器系の何かにも良いかと。経験則ですが、生活上起きる消化器系の問題も、ツボ攻撃が効果的なので。

以下、黒と赤のふたつ。
ここ、発注すると素早く送ってくれます。

アソシエイト・リンクがうざかったら、Amaazonのトップページから「ハリボーイ」で検索してください。


芝居の音出しをゲームパッドで行ったこと

6月9日にやったいわきでの出張上演では、音響も私がやりました。俳優以外の同行者、私だけだったので。

まぁキッカケに合わせてボタンを押すだけなのですが。

実際の操作は、別のところにも書いたのですが、ゲームパッドで行いました。とても楽でした。いろんな姿勢で操作できるし、手元見ずとも間違えることないし。

具体的にはこういうことです。以下。

続きを読む