Momo Uta 309
309 Web
Home | company | information | honeycomb | links | mts | shop
HOME | Contact Us

2003年11月公演『おやすみ、おじさん』

おやすみ、おじさん
劇団桃唄309公演
戯曲・演出 長谷基弘
2003年11月27日(木)~12月1日(月)
於 中野 ザ・ポケット (Website)

前売開始日
2003年9月6日(土)

タイム・テーブル
2003/ 11/27
11/28
11/29
11/30
12/ 1
13:00     
14:30    
17:00     
19:30  
全席指定(当日席若干数あり)
受付開始は開演の1時間前。
開場は開演の30分前。


料金
一般前売り/予約3,000円
一般当日3,400円
学生前売り/予約/当日2,500円
小中高生前売り/予約/当日2,000円
※ご予約の方は当日受付にてご精算承ります
※学生・小中校生券は劇団のみの取り扱いになります

チケット取扱先
チケットぴあ Phone 0570-02-9988
ウィンドミルオフィス FAX 03-3314-2446
桃唄チケットサービス
桃唄チケットサービス on Internet




東京都内、23区内、最寄り駅までバスで20分かかるような場所にある、江戸時代には宿場として栄えていたらしい町の、小さな商店街。 雑貨屋を営む母と「僕」の家を時折訪ねてくる、どう見ても浮浪者にしか見えない男。 いつもふと現れたかと思うと、すぐにぷいっとどこかへ行ってしまう。 その男は母の弟だ。 あるとき「僕」は母に、「おじさんは本当は何をしている人なの」って聞いた。
母は言った。「あの人はね……戦士なのよ」 一瞬の間の後、母はぶーーっと吹き出し、「僕」をバシバシ叩きながら大笑いした。 「僕」は何がおかしいのかさっぱり分からなかった。 でもおじさんの「仕事」を手伝うようになっていくなかで、お母さんの言ったことの意味を、「僕」は少しずつ判っていく。 判るようになるまでには、いっぱい誤解もあったけれども。それが、これから始まる話である。



企画・製作
劇団桃唄309 + ウィンドミルオフィス

助成
芸術文化振興基金
財団法人UFJ信託文化財団



自立不能舞台装置システム(TM) 芸術文化振興基金助成事業

* Theatrical Company Momo Uta 309
and Windmill Office

3F Marue Bldg.
1-18-14 Koenji-minami
Suginami-ku, Tokyo
Japan 166-0003