Momo Uta 309 - Home

まだ続くんです…役者紹介

どぉも、吉田晩秋です。
いやぁ、終わりました。
が、終わってないんですよ、特別企画が。
あと2人なのに。
なんで、もうちょっとお付き合い下さい。

ボクが紹介するのは、山口柚香さん。
02年の、『おやすみ、おじさん』で初参加。
以後、劇団員。

本当に頼りになる姐さんです。
頼りすぎ。
学大FMさんにゲスト出演しに2人で行った時も、脱線し続けるボクの話を修正してもらい。
って、ンなこたいい。
普段からソコツモノなボクの気付かないところを、コマメに見つけて指摘してもらったり。
明らかに、ボクより広くて、遠くまで見通せる視野をしておられます。
見習いたい。

役者としては…言わずもがなでしょう。
ご覧いただいたみなさんが、よくご存知かと思います。

今回は、とても優しいお姉様。
また違った一面を見せ付けていただきまして。

とにかく、頭が上がらない。

まぁ、そんなカンジで…今後とも、よろしくお願いします。

あ、迷惑はかけませんから。
なるべく。
ね、吉原さん?

著者: banshu
カテゴリ: 特別企画
恒久リンク恒久リンク8531 回閲覧

役者紹介

吉原清司です。

私が紹介するのは、サッカー好きで、自分でもなんとかサッカーをやっている。
浦和レッズ、トヨタカップ出場おめでとう。
でもJリーグ優勝はもらったぜ 祝 鹿島アントラーズ。
おっと、役者紹介だった。
わかる人はわかるよね、わかんない人はわかんないか。
眠りながら芝居する…おっと、嫌みだった、、俺も人の事いえないか。
わかるかな。
いつも爽やかに芝居をする吉田晩秋。
俺達は呼んでいる。
これからも迷惑かけるけどよろしく♪

著者: banshu
カテゴリ: 特別企画
恒久リンク恒久リンク2608 回閲覧

リレーエッセイ

こんにちは。

佐藤です。

劇場に向かう電車の中。

「愛しい」

について考察
特定の女の子を愛しいと想うのとは別に、
風景とか、うたとか、季節とか、なんもかんもを愛しく想うことがありますが、
ありゃなんなんだろかな。
どこへ向かう気持ちなんだろか。
河の向こうとか、
海の向こうとか。
センチメンタル
めんどくさいをおいて、愛しいだけつれて、暖かいとこにジャーニーしたい。
16だったのかな
福島から高校生が公演に来てますぞ。12月2日まで公演ですぞ。
かぁわいいんだ。めんこいんだなあ。。
お、年末ジャンボの中刷り広告がこちらをむいて微笑んでいます。めんどくさいをお金で解決しませんか?お金じゃ買えないもの、んなもん金持ちにしかわからんわい。
分からなくなった。
ん?愛しいを想ったのはいつだったろう。
あ、正月がこちらにそっと近付いています。
そっとお年玉ください。ジャーニーさして。

さぁて、13番目は森宮さんおねがいします。
お題は「ジャンボ」

著者: thoa
カテゴリ: 宣伝
恒久リンク恒久リンク4059 回閲覧

きーちゃん電池

楽屋でふと隣を見るたびに「あああ!中原淳一の絵のひとだ!」と思う、
それいゆ、ななるちえ(成本千枝)さん、ご紹介ありがとうございます。
また、おかげさまで初日が明けました!皆々様に感謝。楠木朝子です。
さて、われらがキーちゃんこと吉原清司氏。
公演準備期間以外にもいつも自転車のタイヤのゴムを持ち歩いて、
筋力トレーニングを欠かさない、料理が手早く上手いなど、尊敬するところ尽きませんが、
キーちゃんの教えで「これは良かった」と思うのは「キーちゃん電池」。
背中の、風邪のツボ「風門」(ふうもん)に「貼るカイロ」を装着すること。
血行もよくなり、かなりの風邪予防、体調維持に役立ち、今や私も冬場の必須アイテムに。
秋・冬の公演で、キーちゃんの動きがヤバイ、と思ったらまず電池切れを疑え。
如実に身体に現れるところがスゴイです。
そのほか、靴のサイズは23.5センチ、ジャージのズボンのポッケには「SURF FETISH」の文字など、
データは取り揃えているのですが、これはまた別の機会のお楽しみに。
ではでは、吉原さん、お次の方をお願いします。

著者: thoa
カテゴリ: 特別企画
恒久リンク恒久リンク2010 回閲覧

リレーエッセイ 11番目。

どもども、ほりすみこです。
稽古も押し迫った時期に順番が来たので、
パソコンに触る余裕もなくて、
随分遅くなってしまいましたが、書きますよぉ。
もうすぐ初日ですよぉ。

今回の出演者は13名なので、
リレーエッセイは、私が書いたら残すところ2名!
もうすぐ1巡しますね♪

順番をまわしてくれたバビやんから「風邪をひかない」と言われましたが、
ホント不思議に風邪ひかないんですよねぇ。
特にウガイとか手洗いとかしてないんだけど…。
これはもう「○○は風邪ひかない」という理由しかないですね。

ところでお題の「あれから10年」ですが。

お題を見た途端に
「え~と10年前ってことは…あぁアメリカにホームステイに行ったなぁ」
と懐かしく思い出しました。

しかし次の瞬間に「?????????」
?マークが山のように飛び出してきて、私を混乱させました。
何かがオカシイ。

検証してみましょう。

私がホームステイに行ったのは19才の時。
てことは、今の私は…29才?!
んなバカな。

すいません、勝手に自分の年齢を10才もサバよんでました。
おほほ。
私の脳ったら、どういう計算してんでしょ。

さてさて。
ホントの10年前は何してたかというと…
年間に7本も舞台に立ち、生活が立ち行かなくなって
途方に暮れていましたな。
いやはや、あの頃は無謀だった…。
よくそんな無茶なことしたなぁ。

思えば、あの頃から私の生活はグダグダになっていったんですな。
全てにおいて、芝居が最優先され、プライベートなことが
疎かになり、そりゃもうグダグダの酷いことに…。

あれから10年、いまや立派なダメ人間です。

でも私は、今の私が大好きなので、いいんです。
ダメでも愛しいのっ。ダメだからこそ愛しいんだいっ!
ず~っと、このままで往くよっ。
負けるもんかっ。

さて、もう眠くて意味が判らなくなってきたので、
この辺でリレーエッセイを次の方へバトンタッチ。

すぐにションボリしちゃう、る~くんこと佐藤達くん。
よろしくお願いします。

お題は「愛しい」で♪

著者: thoa
カテゴリ: 特別企画
恒久リンク恒久リンク1926 回閲覧

キックボードで・・・

森宮さんご紹介ありがとうございます。
可憐担当の成本千枝です・・・クレームがきそうですね。
はい、がんばりますよ~!なりたいぞ!可憐に!
ということで、ご紹介しますのは、桃唄309の「楠木朝子」さん。
面白い方です、本当に。
おっとりとした話し方で、はねるように歩き、身体がくねくね曲がる不思議な動きをされます。年上の方に失礼ですが、かわいい方です。そして、よく笑っていらっしゃる。「ほっほっほ~」と。
しかし私は知っている。そんな朝子さんが、キックボードを乗り回していることを。
「朝子さん!大丈夫なんですか!」はじめてみたときはびっくりしました。・・・転んだりしないのかなと・・・気をつけてくださいね、朝子さん!
あ、バドミントン部だったそうですが、私も中学の部活でやってました。今度是非お手合わせ願います。
では!朝子さんよろしくお願いします。

著者: thoa
カテゴリ: 宣伝
恒久リンク恒久リンク1879 回閲覧

『可憐に咲くひと…?』

森宮なつめです。
あかねちん、こんなにたくましい私を、儚いと言ってくれて、そして、長谷氏も私の台詞にはフリガナをふるほどバカな私の頭を、きれると言ってくれてありがとう。ホメゴロシだよー。
最近同じシーンだと、あかねちんにばっかり台詞をかけちゃって、私がやたらとなついてる感じになっちゃってるけど…だいじょぶ?聞いてくれてるっ!て思うと、つい。ごめんねー。
さてさて、私が紹介したいのは、本物の儚さ、可憐に咲くあの人、なるちえこと、成本千枝嬢です。
この人はねえー、なんかもう、とにかくかわいいんですよ。先日、長谷氏と、全員分の衣装について、相談した時の事。なるちえの話になったとたん長谷氏は、
「可憐な感じでもいいんだよなー」ですと。
そしてさらに、
「こんなところに、一輪の花が!みたいな」だって!
おおーっ、うらやましい!ジェラシー感じるぞー!!
でもさ、くやしいけど、そのとおりなんだもん。
で、彼女のお芝居はっていうとね、
爆笑あり、せつなさあり、ほんわかあり…。なんなの、この柔軟性?!私は、彼女と二人のシーンがあるのですが、やってておもしろいんですよ、何でも受け止めてくれるわ新しい物持ってくるわで。初共演なのにねー。役者冥利につきますわ。
でもおー、ケータイ手に持っていながら、「ない~!ない~!」って捜すのはどうかと思う…。「可憐」担当なんだからさ。たのむよ~。

著者: banshu
カテゴリ: 特別企画
恒久リンク恒久リンク1962 回閲覧

ズボンといったら半ズボン

最近の、っていってもいつぐらいからかわかりませんが
男の子も長ズボンやいわゆるハーフパンツをはいてる子が
多いですよね。

あ、11/10で三十になったバビィです。
長谷さんと出会ってからもう10年ちょっと・・・。
地球は何回廻ったのやら。

で、ズボン。
やっぱり、僕らの頃は半ズボンですよね。
真冬でも太腿をさすりながら通ったもんです。
子供は風の子ですなあ。
そのお陰かアレですが、なかなか風邪をひかない体になりました。ありがたし。

っていうか、我が家には長ズボンが無かったからなんだけどね・・・。
逆に、今って半ズボンって売ってるのかなあ?
気になる気になる。

えっと、ボクのエッセイはもう終わりです。
お次は、これまた風邪をひかない、ほりすみ、ことほりすみこさんお願いしま〜す。
お題は、『あれから10年』。

著者: thoa
カテゴリ: 特別企画
恒久リンク恒久リンク1940 回閲覧

Happy birthday!!

ってことでバビィさんの誕生日を一日遅れでお祝いしました。

一児のパパでもあるバビィさんは今回の芝居でも大活躍ですよ。

いつかお子さんにお芝居を観られる日とかくるんでしょうね。

お誕生日おめでとうございます。

by クニ坊

著者: thoa
カテゴリ: 宣伝
恒久リンク恒久リンク1060 回閲覧

リレーエッセイ

貝塚です。

テーマは「感謝」

先日、はじめて「ギックリ腰」なるものを体験しました。

話には聞いてたけど、ハンパない。痛みを我慢しようにも、我慢できる体勢がない。立ってられなくて、その場にへたり込みたいんだけど、動けない、痛くて。
背中には脂汗。顔は鬼の形相だったらしいです。

近くの治療院に這っていって、針、お灸、ストレッチ、電気…。どうにか少しは曲がるようになったような。財布を出そうにも数十秒かかる始末。入口の階段。
アレ、壁を這って上ってはこれたけど降りるのは絶対ムリ…。

先生が、ズボンのベルトをむんずと掴んで、ぐわーっと上に持ち上げました。体感したことないほど食い込むズボン。ズボン下ろされるよりある意味はずかしい。

でもなるほど、固定されてる。
そのまま、階段下まで僕を支えていってくれました。

んでもって、帰路。タクシーに同僚が付き添ってくれました。
家の中まで肩を貸してくれて、そのまま僕はすべての行動をリタイヤ。
同僚は食べ物やら飲み物やら雑誌やら、翌日もわざわざ来てくれて、介護してくれました。

どうにもならないほど弱ってるときって、もう情けないとかじゃなくって、ただ
ただもう、

感謝感謝。

いつも誰かに支えられながら生きてる。と、文字通り痛感しました。いつか誰かがギックリ腰になったら、俺ぁ支えるぞ。ズボン食い込ませるぞ。はずかしくないんだぞ。

ところで、ヘルパーさんとかケアワーカーさん。介護のお仕事をされている方々にはギックリ経験者が多いそうです。そりゃそうだよな。くそう、介護の連鎖…

このままじゃみんなギックリになっちまう。

バビィ、なんとかしてくれ!次のお題は「ズボン」です。

著者: thoa
カテゴリ: 特別企画, 雑記, 舞台裏
恒久リンク恒久リンク3350 回閲覧

1 2 3 4 5 >>

2019年7月
 << <   > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

劇団桃唄309 2007年11月公演『三つの頭と一本の腕』(11.22-12.2)の関係者によるブログです。
公演情報 | ポータル | 写真と文 | ブログ

検索

XMLフィード

powered by b2evolution free blog software