Momo Uta 309 - Home

PC一覧

Thinkpad X1 CarbonのCore i7モデルが最大メモリ4GBなこと

さる8月30日に、「世界一軽い14型ウルトラブック」というふれこみの、Thinkpadの新機種「Thinkpad X1 Carbon」が日本でも発売されました。

いま使っているものがかなり傷んできているので、そろそろノートPCを買い換えたいと、去年の秋くらいからずーーーーっと思っていた私は、早速チェックしました。重い荷物が苦になってきているので、軽いのは歓迎ですし、最近のThinkpad XシリーズのHDサイズ液晶じゃなくて、HD+なのも比較的魅力に思えました。本当はもっと液晶が細かいのがいいけど。Thinkpad X61 tabletの1400×1000みたいな画面サイズのものがいいけど。

さて。
購入オプションを見ていて、気になることがありました。CPUがIntel Core i5のモデルは、最大メモリが8GBまで。ですが、それより高性能なはずのCore i7のモデルは、最大メモリが4GBまでしか選べません。

X1 Carbonの場合、後から自力でメモリ増設はできないはず。購入時のオプション選択が全て。ならば、予算が許す限りでなるべく高性能にしたいですよね? よね?

とはいえ、自分の場合、ノートPCでやることはたかが知れています。よっぽどシビアなことを常にしたいなら、もっともっと高性能な他の機種を選ぶでしょう。そもそも、自宅のデスクトップPCは、かなりマッチョな環境です。その意味では、日常的に持ち歩くことが目的のノートPCで、CPUがCore i5だろうがCore i7だろうが、たいした違いはない気もします。メモリの量は意外と重要だけど。64bit OSで使うなら、8GBは最低欲しいかなぁ、と。

そんなこんなで気になってきました。なぜこのようなオプション選択になっているのだろうか、と。今だけ? それとも理由があってずっとこうなの?

考えてもラチがあかないので、発売翌日、問い合わせの電話をしてみました。

続きを読む