Momo Uta 309 - Home

Kindle一覧

さらにまたKindle戯曲の新刊『おつきみ年代記』『食い逃げカフェの小さな日記』を出した

相変わらずウチのKindle戯曲を買うと収益9割を東中野のRAFTに寄付するキャンペーン、6月末まで実施中です。

桃唄のKindle戯曲を買ってRAFTに寄付するキャンペーン、実施中!

そしてまたまた新刊も出しました。中編『おつきみ年代記』と『食い逃げカフェの小さな日記』の2つです。まだ出します。

おつきみ年代記』は2018年初演の50分の中編です。Kindleで出した戯曲では一番最近の作です。人類滅亡後の世界で、妖怪っぽい者たちが人々の思い出をふりかえる話です。人間の行動には因果関係が伴います。理由があって、何かをし、結果が生じるのが人間。でも作品に妖怪を出すときはいつも、因果関係から外れた存在というか、ある種の抽象概念のようなものとして描いています。理由がなく、なにもせず、結果もあやふや。となると普通の役づくりがなかなか通用しなくなるのですが、毎度のことながら、俳優ってよくやるなぁと稽古場で感心します。あ、タイトルから想像がつくとおり、レイ・ブラッドベリの『火星年代記』の影響を微妙に受けているかもです。小学生の時に初めて読んで大変な衝撃をくらい、以降SFばっかり読んでいたなぁ。

食い逃げカフェの小さな日記』は、2014年初演、2017年再演の短編です。ジャンル的にはコメディと言って良いかな。登場人物の貧乏神の名乗り口上は、「好きな自作のセリフ・ランキング」でトップ10に入ります。ちなみに小学生・中学生頃のことですが、ラジオの落語を録音して聴き、好きな噺は何度も繰り返して再生していた、という時代が自分にもありました。カフェ公演での短編は実験的なこともいろいろできるのですが、好きだった落語の世界をなんらか導入できないかな、と思って実験し出したのは、ウチの短編劇集ではこの作品が最初だと思います。

以下、新刊2つの紹介です。

続きを読む

さらにKindle戯曲の新刊『とべ! 焼却炉!』『あの国』を出した

ウチのKindle戯曲を買うと収益9割を東中野のRAFTに寄付するキャンペーン、6月末まで実施中です。

桃唄のKindle戯曲を買ってRAFTに寄付するキャンペーン、実施中!

そんでもってまたまた新刊も出しました。『とべ! 焼却炉!』と『あの国』の2つです。まだまだ出します。

とべ! 焼却炉!は、RAFTで始めた短編劇集公演の第一作目です。舞台は二畳というコンセプトの公演で、なにができるかを手探りしながら書きました。そしてぼくらの短編劇によくある、「どもー、えーっと始めます、どういう劇を始めるかっていうとこういう劇で……」、と冒頭に口上を入れるスタイルは、この一作目からだったんだな、って今読むとわかります。一作目なので、1ページ以上費やした凝った始まり方をしています。今は「じゃ、はじめまーす」みたいな始まり方です。

あの国は、第6回目の短編劇集「せんそういろいろ」のうちの1作です。この頃はぼくは、短編劇っておもしろいぜ! 書き方もわかった気がするぜ! ガンガン書けるぜっ! と調子に乗っていて、この「せんそういろいろ」だけで6作品いっぺんに新作を書き上演しました。どうかしていました。もうそんな勢いでは書けないです。「長くても短くても大変さは一緒」(ことわざ)。付き合ってくれた俳優たちも、よくやってくれたよな、と今更ながら思います。

以下、新刊2つの紹介です。

続きを読む

Kindle戯曲の新刊を出した 『あいまい宝島』と『知らない星、光る』

数年ぶりにKindle戯曲の新刊を出しました。
1時間弱の中編『あいまい宝島』と、30分弱の短編『知らない星、光る』です。

6月はさらに数作品、Kindleにて販売を開始する予定です。

ずーっと出していなかったのに急にまたなんで?

東中野のRAFTが寄付を募っているので、戯曲の収益を募金するキャンペーンを開始した

劇団桃唄309の「短編劇集」シリーズは、第一回目からずっと東中野のRAFTで催してきました(1回だけ別の場所でもやりましたが)。そんなRAFTが新型コロナの影響により、数ヶ月間ほぼ閉館の状態になりました。4月に予定していたぼくらの公演も、早々に中止を決めました。

劇場やイベントスペースって、存在するだけでお金を食い続けます。詳しくは下のリンクを。RAFTからの募金のお願いです。

プレビュー(新しいタブで開く)

で、募金は募金として、さらになにかできないか劇団で考えました。考えた結果、RAFTで上演した戯曲を電子書籍にし、収益のほとんどをRAFTに寄付することにしました。6月末(2020年)までやります。詳しくは桃唄Newsから。下のリンクです。

劇団桃唄309では、2012年春より毎年、ともに作品をお寄せくださる団体とともに、短編劇集の上演を続けています…

せっかくこういったキャンペーンをやるなら新刊も出したいよね。本って「出たばかりの新刊」が一番売れやすいし、売れた方が寄付額も増えるし。いっぱい寄付できると、ねぇねぇ設備のここをリニューアルしない? とか言いやすい! やった! じゃなくて、それ以前に、場所が維持されなくなると本当に困ります。ぼくらの「短編劇集」はRAFTあってのものなので。ということで、新刊を続々出すことになった次第です。(※註 通常劇場は、寄付とか関係無しに、利用者がきちんと意見を言えばしっかり聞いて検討してくれます。当たり前ですが。)

5月末に出した新刊は以下です。題名が販売ページへのリンクになっています。

続きを読む


短々編戯曲3編もKindle本化した

短々編戯曲、って言葉は私のいい加減な造語ですが、それはさておき。
2014年に書いた上演時間12~15分程度の戯曲3編を、Kindle用の電子戯曲として販売開始しました。文字数他の変数から価格を算出する式に基づき、各220円也。

もちろん手製のEPUB戯曲作成ツール”Θέσπης“を使って電子戯曲化しました。利用者なかなか増えないなぁ。ジャンル的に仕方ないけど。

以下、Amazonで販売中の、我が短々編戯曲です。

通勤・通学時のお楽しみにいかがでしょうか。

Kindleのアプリは、Amazon内の以下のページから手に入ります。Kindleのデバイスを持っていなくても、スマホやPC、タブレットなどから読めます。

Kindle無料アプリ – アマゾン

以下、商品紹介ページに載せた文です。題名クリックで該当のAmazonページに飛びます。

続きを読む


Kindle戯曲の2冊目、売り始めた

というわけで、『宣戦布告』に続く、Kindle版電子戯曲の2冊目を販売し始めました。
2014年の秋カフェで上演した短編劇『水の盆』です。

20年以上前に会ったきり存在すら忘れていた従兄(いとこ)が夭折。成り行きでその従兄と位牌婚(※死者との婚礼)することになったユウ。東京からやってきたその晩、思い入れゼロのまま、その地方の風習に従い、位牌と共に一晩過ごすことになるのだが……。
コミカルなやり取りから浮かび上がってくる、残された人の思い。
2014年9月初演(劇団桃唄309)の短編会話劇。
上演時間30分弱(初演時28分)。登場人物3名(女2男1)。1シーン。

↑こんな感じの内容です。
構造のかっちりした作品です。かなり執念深く伏線を編み込んだ記憶が。それもトリッキーなやつではなく、王道的なフォアシャドウイングの積み重ねでできています。なので戯曲の読解や構造分析、演技訓練、ワークショップのテキストなんかにもよさげです。

よろしければぜひ、ポチッとお願いします。お願いします。


kindleで読めるハンセン病関連の電子本

ごぶさたです。

ひっさびさのカフェ公演じゃない公演が近づいてきたので、放置状態だったブログを更新しようかな……と。

さて、自分は去年からkindleを使っていますが、慣れるまではちょっとかかった気が。慣れないうちにいきなり大作を読もうとすると、途中で挫折するかもって思った。

というわけで、kindleで読めるハンセン病関連の電子本のうち、お値段手頃で買いやすく、わりとすぐ読めてしまうものを3冊ほど紹介してみます。

まずはこれでしょう。

北条 民雄『いのちの初夜』

0円です。kindleアプリを入れればスマホでもいきなり読めるよ。
ハンセン病を知る前に読み、いろいろ詳しく知った後に読む、という読み方がオススメです。
短い小説ですが、構成がすごく緻密に感じます。そして魂を震わせる言葉・言葉・言葉。
あまりにも有名な、

あの人たちの『人間』はもう死んで亡びてしまったんです。ただ、生命だけがびくびくと生きているのです。

とか。

青空文庫にもあります。kindle版は、青空文庫版の電子化。

青空文庫 北条民雄『いのちの初夜』 図書カード | 本編

次は翻訳ものですが、これとか。

ジャック・ロンドン ハワイ短篇集

短編集です。648円。
最後の三つがハンセン病を題材にしたもの。具体的には、モロカイ島のハンセン病隔離施設をめぐる人物像、です。おそろしく読みやすく、コーヒー一杯飲む間に三編とも読めました。
『いのちの初夜』のような、当事者による鬼気迫る描写はないものの、ハワイの自然や風俗を交えながら第三者の目線で、絶望や不屈を描いていて、こういうエンターテイメントもアリなんだなぁと思いました。

ハンセン病を知るために読むと言うよりは、資料とかである程度、日本の隔離政策についての知識を仕入れてから読むのがオススメ。いろいろ気付いたり思ったりするはず。

最後に、

もういいかい~ハンセン病と三つの法律: ハンセン病問題と私たち

映画『もういいかい~ハンセン病と三つの法律』の完全シナリオと、寄稿文集。537円。
これもかなり読みやすかったです。寄稿文も含め、日本のハンセン病の近現代史を俯瞰できる感。
映画はまだ観ていないので、機会があればぜひ観たいです。近場で上映の機会があったら飛んでいくつもり。

以上、kindle本かつお手頃価格な本を3冊紹介しました。ハンセン病関連の本は、もっと重量級なのもkindleにあります。ただ重量級の本って、むしろ紙で欲しくなるのよね……。

あ、一応宣伝を。

劇団桃唄309公演『風が吹いた、帰ろう』
2016年5月25日(金)~29日(日) 座・高円寺1
詳細

書いて、演出します。


戯曲をEPUB3化する道(12) – Kindle用1冊目、売り始めた

ちょっと前、いや結構前に、EPUB化した戯曲の1つをKDP(Kindleダイレクトパブリッシング)に登録してみた。
プレビューしてみたけど問題なさげ。

最初の手続き、とくに税関係がかなり面倒な感じだったけど、これでも前よりだいぶ簡略化されているみたい。このことは、気分が乗れば、いずれ書く。

で、情報を整えたものをアップしなおしたのが昨夜。

勢いで、ポチッとな、してみた。ステータスが「審査中」になった。
「通常は、72 時間以内に審査が完了して出版されます」とのことだった。

2時間後、さー寝るか、ってときに、気まぐれでKDPの自分の本棚見た。
ステータスが「販売中」になっていた。……はえーよ。

というわけで、販売開始されました。
今回は、売ることよりも、自分のつくったコンバーターでEPUB化したものが、Kindleで売れるのか、という実験が目的。達成……ってことだよね。拍子抜けで実感がない。

そんなわけでたぶん、1~2週間以内に、戯曲toEPUBコンバーター「Θέσπης」も公開します。