Momo Uta 309 - Home

CSS一覧

戯曲をEPUB3化する道(9) – KDPにアップできたり憂いがあったり

戯曲をEPUBにするぞー、おー!

製作中の、テキストtoEPUB3コンバーター「Θέσπης」で作成したEPUB3ファイル、EPUB Validatorは通過していたので、大丈夫だとは思っていたんだけど、やってみたよ、KDP(Kindle Direct Publishing)への本の登録。

できた。しごくあっさりと。

ステータスとしてはドラフト状態。まだ販売してないよー。
とりあえず、できたEPUB3は通るのかなーって試してみただけ。

そんでもって、「Θέσπης」の方は、コアな部分を修正したり、表紙画像をつくる簡易ツールをちょいちょいって作ったり、説明文書をコツコツ書き足したり。

あとは仕様でまだ固まっていない部分がちょっとだけあって、そこが固まってきたら公開できるかな、と。

でもね……その前にすごく引っかかっていることがあって。

戯曲のデジタルデータとしてのつくりが、世間一般(?)的には、すごく汚いこと。スペースで見栄えを調整したり、行末に単語の途中でも平気でいちいち改行していたり。文字(改行だってスペースだって文字!)で見栄えをなんとかしようという発想はなくすべきなんだけど、そーゆーの文字の並びで見てくれをなんとかしようとしている点で顔文字と根は一緒なんだけど、やってない? だいじょうぶ?

なんかこう、啓蒙活動的なことも必要だよねぇ。
じゃないと変なクレームに悩まされたりとか……あり得るよねぇ。

とか思ったり。

まぁ「Θέσπης」は、個人が自分のためにやっていることなので、ユーザーサポートは一切しないよ! という姿勢を貫くつもりではあるけれど。(その割には便利機能を充実させたりしているけれど。)

杞憂かなぁ。


戯曲をEPUB3化する道(8) – 縦中横に対応したり

戯曲をEPUBにするぞー、おー!

気分転換にちょいちょいいじり、縦中横に一部対応した。
まだテストはあんまりしていないけど。

縦中横、読める?

たてちゅうよこ、と読む。なんで訓音訓なんだろうね。

縦書きで文字組みするとき、半角文字の扱いが問題になる。通常は、縦になると横に寝ちゃう。縦書き文書に英単語入れるときって、そういうことってない? それそれ、それのこと。

例えば、ぼくは戯曲ではぜったい使わないけど「?!」みたいな表記があるとき、縦書きだと横向きに表示されてしまう。「昭和52年」とか書いたときも同じで、52が横向きに表示される。

そういう「?!」とか「52」みたいな表記を、縦書き文書のなかで横組みにするのが、縦中横。

で、今つくっているEPUB戯曲製作ツールでは、以下の条件に適う時に縦中横を適用するようにした。

  • ??、!!、?!、!?、!、? のいずれか
  • 1文字の英字
  • 1桁もしくは2桁の数字のセット

数字だったら、例えば「1982」みたいな4ケタ数字には、縦中横は適用しない。2ケタ数字の場合のみに適用。縦組み文書では、桁数が多い縦中横は、かえって見栄えを悪くするからねぇ。

でもさぁ、??とか!!とか?!みたいなのが戯曲中にあるのって、個人的にはセリフ中に顔文字や「w」みたいなのがあるくらいにかっこ悪いと思うんだけど。あと数字、日本語の文書なんだから漢数字使うか全角使えよな。

古い考え方かな?

ってなこともこっそり思うけど、ま、いいかってことで実装したっす。

譲れるか譲れないかって言ったら、ここは別に譲れないところではないし。

ちなみに数字のマッチングは、正規表現的にはこう書いた。あってんのかな? 動作はしているけれど。変だったらツッコミをお願いしたいです。

/(?<!\d)(\d{1,2})(?!\d)/

 


戯曲をEPUB3化する道(7) – 設定管理機能を追加したり

戯曲をEPUB3にするぞー、おー!

公演も終わって落ち着いたので、製作を再開しだした。前回触れた問題も完全解決したわけじゃないけれど、実はもうmomouta.orgサーバ上にあげてあって、時々テスト運用していたり。
URLをさらしてもいいんだけれど、もうちょっとマニュアル的なものを書いてからにするつもり。

いるかどうかわからないけど、いないと思うけど、まだかなーと思っている方、もうちょい待っていてください。

一番重要なコンバーター部分はもうだいたい出来ていて、戯曲を沢山EPUB化して、不具合を洗い出す段階に突入。その過程で、「前に作ったEPUBファイルの設定(登場人物ラベル用の幅は何文字、とか)を再利用できたら便利だなぁ」とか思い始めた。

なので、「過去につくったEPUBファイルの設定を再利用したり、設定はそのままに作り直したりする」ための管理機能を追加した。すごく簡易的なものだけど。

そんなふうにコツコツと作り続けています。


戯曲をEPUB3化する道(6) – いまどこで止まっているか

戯曲をEPUB3にするぞー、おー!

というプロジェクト、今年に入ってからほとんど止まっている。
ワークショップの忙しさが半端なくなってしまったためである。
今また、短編劇集 vol.8 春カフェ『健康いろいろ』(4.23-26) の準備のため、このプロジェクトにはまったく手を付けられない状態のままだ。

公演準備が始まる前に、どこか(amazonとか)で第一号を販売するところまで行きたかったなぁ……。ま、いいか。

今回はどこで止まっているかの報告だけ。

2015-0324左の図のような問題が起きた。

JIS規格的に&商習慣的に、?や!のあとには全角スペースを入れて執筆している。みんなも入れているかい? ?や!のあとの全角スペース。

電子書籍は、いろんな表示環境で読まれることが大前提。大きい画面、小さい画面、でかい字、ちいさい字。なので1行の文字数は、固定のレイアウトにしない限り、読む人まかせ。これは、とても素敵なことだと思う。

さて、表示環境によっては?の直後に改行が来ることもあるはずだが、?や!の後に全角スペースを入れると、その全角スペースが次の行に送られてしまうことも起きうる。

これはみっともない。

表示ソフトウェア側で解決してくれよ! とも思うが、まぁ対策されないよね……。

で、セリフ中に?や!と全角スペースがあった場合、全角スペースを取り除いて、spanタグで囲うようにしてみた。例えばこんな↓。

続きを読む


戯曲をEPUB3化する道(5) – scssphpを導入してみた

戯曲をEPUB3にするぞー、おー!

って気合いを入れることもなく、EPUB Validator をきれいに通過するEPUB3を自動でつくるもの、ほとんどできている。動作テストと改善のため、自作戯曲をいくつかEPUB化したりもしている。あとはインターフェイスを使いやすくしたり、機能を増やしたり、とか、かなぁ。

正直EPUB3戯曲をどこかで売ってみること、余裕で視野に入ってきた。ここ数年で書いた大量の短編戯曲の一部を、試しに電子書籍化してみるかも。

反響なくてもコツコツがんばるよー。まぁ記事内容的に反響あるわけないんだけれども。

そういえば最近、scssphp というものを導入し、開発に使っているフレームワークのfuelPHP用のパッケージにして使い始めた。

続きを読む


戯曲をEPUB3化する道(4) – とりあえずepubファイルを出力できた

前々々回 → 戯曲をEPUB3化する道(1)
前々回 → 戯曲をEPUB3化する道(2) – ZIPアーカイブをつくるFuelPHP用のパッケージ
前回 → 戯曲をEPUB3化する道(3) – Kinoppy用のCSSでハマった

戯曲をEPUB3にするぞ-。おー。

戯曲のテキストデータをEPUB3に自動変換するものをつくっている。ちまちまと作業を続けた結果、xhtml+CSSにする部分はだいたいできた。まだ調整がいっぱい必要そうだけど、ひとまず以下のようなページを、個別に出力可能に。

続きを読む


戯曲をEPUB3化する道(3) – Kinoppy用のCSSでハマった

前々回 → 戯曲をEPUB3化する道(1)
前回 → 戯曲をEPUB3化する道(2) – ZIPアーカイブをつくるFuelPHP用のパッケージ

と、いうわけで。戯曲の電子書籍化の道をコツコツ歩んでいる。
戯曲のテキストファイルを内部形式に変換するものはつくった。それをEPUB3用のXHTMLやopfやナビゲーション文書として書き出すものもつくった。それらを手作業でEPUB3にもしてみた。

が、ビューアによって見え方が違うという点で、つまづいた。

戯曲のセリフ部分は、登場人物名、なんらかのスペース、セリフ、という形式で表記されることが多い。市販の戯曲とかそうなっていると思う。上演台本も同じだ。

ひとつのセリフを、HTMLとして正しい感じに既述すると、例えばこうなるんじゃないかと思う。

続きを読む