Momo Uta 309 - Home

Ableton Live一覧

スマホとか用のシンプルでアコースティックな着信音を28個つくった

あーもう! あーもう! 耐えられない!

スマホのメールやらハングアウトやらの着信音に電子音が混じっているのが耐えられない!

そういった音は、自力でなるべくアコースティック系のものに設定しています。が、種類が限界になってきました。
そういえば、私が某Lxxxを、サービスが始まったころにアカウントをつくって1ヶ月も立たずにアンインストした理由の半分はこれ。着信音がつらすぎたから。あの音、本当にダメ。

なので、Ableton Liveのインストゥルメントを使って、とりあえず28個ほど自作しました。
これくらいあれば当分は持つだろう……。

期間限定で劇団のサーバーにアップしておきます。
欲しい方はダウンロードして使ってください。

ダウンロードしたMP3の、スマホへの着信音の設定の仕方は……Googleなどで検索を。

サーバーの容量的に、置いとくのがきつくなってきたら消します。

今回は、トライアングル系、アゴゴ系、クロテイル系の3種類。打楽器です。
マリンバとかグロッケンシュピールとかの音でもなんか作ろうと思っていたけど、それはまたいずれ。

以下、ファイル名を右クリックしたりタップしたりすると、ダウンロード的なことができるはず。
ファイル名の下は、試聴用のプレイヤー。試聴って言ってもフルに聴けます。

では28種類、いってみよー!

続きを読む


先日の某高校学科公演の、オープニング曲をアップ

先日キラリ☆ふじみで上演した、某芸術総合高校の舞台芸術科の学科公演。ぼくは演劇専攻の公演の方に指導的立場でした。

そのオープニング曲をSoundCloudにアップロードしました。

劇自体は高校生たちが主人公なのですが、劇中になぜか「太陽系」のシークエンスが、オープニングとエンディングを含め数場面あります。太陽・地球・月、そして星々が乱舞し、時々止まって会話。そんな場面の数々の、オープニング用です。

はい、聴いてのとおり、18世紀末にフランスで大流行したシャンソン”Ah! Vous dirais-je, Maman”が原曲です。きらきら星とも言います。

以下、なんのこっちゃ話。

製作には、Ableton Live 9 + Push、あとAbsynth 5を使っています。
途中から入るWobble Bassの音は、Operatorでの自作品。
同じく途中から入るピコピコ音は、Kasioという名のMax for Live上で動くシンセ。Ableton のサイトのPackから落としました。今回の劇中曲では、Kasio多用したなぁ。

私が5人くらい入れそうな巨大スピーカーに合わせた調整になっているため、再生環境によっては聴きづらいかもしれません。


ランチタイム転換のための4曲をアップ

木曜からキラリ☆ふじみに入っています。

某芸術総合高校の舞台芸術科の学科公演。ぼくは演劇専攻の公演の方に指導的立場で入っています。やっていることは平たく言うと、戯曲と演出の監修。去年の9月から、生徒達による創作と試行錯誤を丹念に積み上げ、6月22日の日曜に、ようやく80分の劇のお披露目に至ります。

そんでもって音楽も作りました。音響さんに渡した音楽ファイルの合計は1.15GB。28ファイルありました。いっぱい作ったなぁ。

続きを読む


芝居の音出しをゲームパッドで行ったこと

6月9日にやったいわきでの出張上演では、音響も私がやりました。俳優以外の同行者、私だけだったので。

まぁキッカケに合わせてボタンを押すだけなのですが。

実際の操作は、別のところにも書いたのですが、ゲームパッドで行いました。とても楽でした。いろんな姿勢で操作できるし、手元見ずとも間違えることないし。

具体的にはこういうことです。以下。

続きを読む