Momo Uta 309 - Home

諸々一覧

奄美大島で作ったオリジナル民話がどれも8ブロックに分かれている理由

2011年度と2012年度に、奄美大島の宇検村で、オリジナルの民話をつくり劇にするワークショップをやりました。

できあがった話は6本。そのうちの4本を既にこのブログに掲載しています。

→ 『岩とポインセチアとパパイヤ』 (2011年度 久志小中学校)
→ 『校門の横のガジュマル』 (2011年度 名柄小中学校)
→ 『裏山の二本の松』 (2011年度 久志小中学校)
→ 『廊下のつきあたりから見えるヤシの木』(2012年度 名柄小中学校)

学 校のなかやまわりにある、気になる物や場所の、嘘っぱちの、じゃなくて架空の由来を民話化しました。例えば、二本絡まって立っている木があっ たら、それは昔仲良しだった夫婦が木になったもので、なんで木になってしまったかというと……。というようなことを、グループで話し合いながら創作してい くわけです。上記の4つの物語、タイトルが場所や物体の名前になっているのはそういう理由。

さて、上の4つのお話を読んで頂けるとお気づきになるかと思いますが、どれも8つのブロックにわけられています。

もちろん自然とそうなわったわけではありません。どういうことかというと……。

続きを読む


奄美大島で作った創作民話『廊下のつきあたりから見えるヤシの木』

2011年度に奄美大島の宇検村立名柄小中学校でつくった創作民話を紹介しますシリーズ。

2011年度は、宇検村でのワークショップで4つの民話を、久志小中学校、名柄小中学校の子供達がつくりました。2012年度も、2つの民話を同村の阿室小中学校でつくりました。これもいずれ紹介します。

過去このブログで紹介したのは以下の3作品です。

→ 『岩とポインセチアとパパイヤ』 (2011年度 久志小中学校)
→ 『校門の横のガジュマル』 (2011年度 名柄小中学校)
→ 『裏山の二本の松』 (2011年度 久志小中学校)

併せて読んで頂けたら幸いです。

以下、創作民話の本編。文章は私が書きましたが、話の筋をつくったのは子どもたちです。

廊下の突き当たりから外に出たところに生えている、小さいヤシの苗を見て、想像を膨らませてお話にしました、子どもたちが。

続きを読む


もう電子鍼ナシではちょっと

5月からずっと、電子鍼を愛用しています。
手放せません。常に持ち歩いています。

自分は偏頭痛持ちですが、気圧が変動しやすい季節はつらいです。
特に梅雨から夏にかけては、夕方くらいから偏頭痛の兆しが、毎日のように。

一応偏頭痛の専用薬も携帯していますが、一粒の値段が高い。毎日飲んだらひと月で約1万円。

だもんで、管洸精器ハリボーイIIという電子鍼を導入してみました。電子鍼にもいろいろあったのですが、これがいちばん手軽で携帯しやすく、安かったので。

サイズも構造もノック式ボールペンそっくり。なかには圧電素子が入っていて、ノックすると先っぽの電極から電気がビッと流れるしくみ。

最初はおそるおそるでした。痛いんじゃないかと。
でも思ったより痛くなかったです。よゆーで耐えられる感じ。

こいつの良いところは、指とか爪のツボを攻めやすいことだと思います。

頭痛になりそうって時は、合谷(ごうこく:手の甲の、親指・人差し指の付け根間のくぼみ)を始め、指の関節や爪の頭痛に効きそうなツボ、それから肩井(けんせい:両肩のてっぺんのまんなか辺)、首の後ろ側のツボなどを攻撃。かなりの高確率で、頭痛を回避できています。
無理矢理ねじ伏せているだけな気もします。それでもまぁいったん頭痛の発作が起きると、長時間なにもできなくなってしまうので、ねじ伏せられるならその方が良い、という考え。

欠点は、ツボを確実に攻めるべき、という点。凝っているところにバチバチ打っても、効くって感じじゃありません(私の主観の話です)。低周波治療器のノリで使っても、効き目はそれほど期待できないかも。
面倒でも、ツボを調べて的確に打つのが良いように思います。

あと圧電素子は消耗品なのですが、メーカーに送ると圧電素子を有料交換してくれるそうです。

私は完全に頭痛対策だけの目的で使っていますが、消化不良とか、食欲が出ないとか、そういう消化器系の何かにも良いかと。経験則ですが、生活上起きる消化器系の問題も、ツボ攻撃が効果的なので。

以下、黒と赤のふたつ。
ここ、発注すると素早く送ってくれます。

アソシエイト・リンクがうざかったら、Amaazonのトップページから「ハリボーイ」で検索してください。


カエルの愚者を描いた

あのね、急に絵が描きたくなったんです。

なので、カエル描いた。こんな感じです。

20130630_kaeru_001なぜカエルを?

さぁ、わからないです。

カエルを描いてみて、ポーズがなんかに似ていると思った。

考えた。わかった。
あれだ、タロットカードの愚者っぽい。

なので、ウェイト版などのカードを参考にしつつも、思うままに全体を描いたんです。
こんな感じに。

続きを読む



青トマトジャムを食べた

いわきでの出張上演の際に頂いた、ファーム白石の青トマトジャムを、ついに食べてみました。

image

うむ、トマトだ。美味しいです。
ヨーグルトに合いそう。

詳しく紹介しているブログがありました。

→ 青トマトのコンフィチュールがヤヴァイ! (勝手にいわきガイド)

ファーム白石のサイトはこちら。いろいろ美味しそう。

ファーム白石

以上、慣れなくて悪戦苦闘しつつの、スマホからのブログ更新でした。



Lensbabyの練習中

Lensbaby Composer Pro with Sweet 35 というレンズを入手。練習し始めています。

大判カメラみたいに、レンズの向きを傾けることができるレンズです。あおったり、左右に振ったり。

意外と苦じゃないな、と思ったのはマニュアル・フォーカス。考えてみたらマクロで撮るときとか、フツーにMFで合わせていたわ、と思いました。そういえばよその劇団のためにチラシの写真を撮ったときも、全部MFだった。頼まれて撮ったことが数回ある人物ポートレイトもわりとMF。なるほど、まじめに撮ろうとするとMFになるのか……。

想像よりずっと難しいな、と思ったのは、レンズをあおったり逆あおりした際の撮り方。なかなかイメージ通りに撮れません。ピントもうまく合わせられません。

最初に撮った1枚がこれ。

続きを読む


念願のコーヒー葉茶を入手した

近所にできたカフェのお兄さんがエチオピアに詳しくて、そこで聞いた話。
現地には、コーヒー葉のお茶というものがある。
それはコーヒーの味には似ても似つかないけれど、コーヒー産地ではわりと普通に飲まれている。

なんですと?! それは飲んでみたい! どんな味なんだろう?

なので主に海外で、入手できるところを探しまくったのですが、なかなか見つからず。

実のところ海外に、売っているところが2つあったのですが、1つはもうずっと更新されていない感じ。問い合わせメールをしてみたのですが、返事無し。
もう1つは、国外への発送をやっていませんでした。

ってなことが起きたのが、今から約1年半前です。

で、今年の1月に、イギリスのデイリー・テレグラフ 誌のサイトに、コーヒー茶葉に関するニュースが掲載! これです。

続きを読む


ビルを見上げてぐるぐる回ると酔うが、GIFにしてみたらどうなのか

ビルの谷間で真上を見上げ、ぐるぐる回るとどうなるか。

酔いますよね? オエッてなりますよね? たぶん一周くらいで。

あのすごい酔い効果は、画像でも再現可能なのだろうか、と急に気になりました。

なのでアニメーションGIFをつくってみました。

元の画像はこれです。

just above

で、それをぐるぐる回るGIFにしてみたものが以下です。

こういうのダメな人は絶対に見ないように。

続きを読む