Momo Uta 309 - Home

諸々一覧

ルートビアのカクテルはあるのか

夏に美味しいルートビア。日差しに照らされた後にゴクゴク飲む冷えたルートビアのおいしさときたら……。たまりませんよね! 内臓に湿布貼ってもらったみたいに、すーすー気持ちいいですよね!

そんなルートビアを使用したカクテルはあるのだろうか。

急に気になり調べてみました。

続きを読む


Ableton Pushのボタン配置図をつくった

ネット上のどこかで誰かが既にやっていそうですが、Ableton Pushのボタン・つまみ類の配置図をつくりました。

メモ用でささっとつくったものですが……ブログ上でPushの解説記事を書いてやろうという奇特な御仁がいたとして、なんかの間違いでそんなお方の目に止まり、おーこの図を使えば便利だぜじゃんじゃん記事書いてやるぜ、なんてことになったらい~な~(自分がとっても)助かるなぁ~、というような淡く切ない願いを込めて、公開します。

ableton_push

Jpegデータ自体はflickrに置きました。クリックで、画像を置いてある先に行けます。Windowsの場合、flickrの画像上の右クリックで、どういうサイズでダウンロードするかの一覧が出てくるはず。”Original”は1024×810ピクセルです。

ベクターデータが欲しいという人はこちら。PDFです。

ableton_push_worksheet

Creative CommonsのNoncommercial / Share Alikeライセンスで配布しています。ブログや私用メモで使っていただく分には連絡とかなにもいりません。ご自由に。


ウォシュレットを自力で取り換えた

自宅トイレのウォシュレットが、経年劣化で壊れてきました。具体的には内部タンクの水漏れ。

症状が始まったのは昨年後半。水漏れ箇所の下に百均ゴミ箱を置いて、水を受け止めていました。
最初は2~3週間くらいで漏水受けのゴミ箱が一杯になるような感じのペース。
それがじわじわと早まり、今年の6月に入ってからは、数日で水が溢れちゃうような感じになりました。

こりゃダメだ、と思い検索してみると、同様の症状に悩む人の声が結構拾えました。自力での修理が難しく、メーカー修理も結構かかると判明。

なので買い換えました。以下、写真はナシです。

続きを読む


貝磨き、その後

先日、貝磨きの愉しみについて書きましたが、その後も夜光貝、コツコツ磨き続け、今こんな感じです。

やはり川の中で拾った貝だけあって、だいぶ傷んでいました。削っているうちに端っこがボロっと崩れたり。
なので削りは一段落ってことにし、今は耐水ペーパーやらコンパウンドやらで磨いています。
ヒビが入っていたり細かい穴があいていたりですが、ともかく仕上げます。

写真を見ると、微妙に自分が反射で映っています。ぴかぴか、うふふ。

この貝で身につけたノウハウ(ってほどのものはないですが)を元に、いずれもっとちゃんとした夜光貝も磨いてみるつもり。


雑記:夜中にラムコークがどうしても&料理の話

夜中の2時過ぎに、クバリブレことラムコークをどうしても飲みたくなった。

ラムはあるけどコーラとライムがない。そして私はライムはなくてもいい派。なのでコカコーラだけを求めに近所のコンビニに行った。

で、今、目的のものを飲んでいる。

あれを食べたい! とか、どうしてもあれを飲みたい! って時は、たいてい体がそれを必要としているからである、と信じている。実際それで、なんらかの体調的問題をギリギリ回避できたことも少なくないように思う。
ラムコークのどの部分を体が求めているのかはさっぱりわからないが、こんなに飲みたくてたまらなかったのだから、きっとなにかに良いのだろう。

単に、水分とか糖分とかかもしれないけれど。

今週のはじめ頃、「長ネギをもりもり食べたい!」という気分になった。
ので、シリコンタジンで、鶏とネギと他の野菜を蒸した。

2013-07-08_001

シリコンタジンに薄切りのジャガイモを敷く。
ニンジンを並べ、中央に水炊き用の鶏もも肉を置く。
塩と胡椒と乾燥バジルをまきまき。
その上にネギを載せ、10分チンしたものが下。

2013-07-08_002

見た目はあんまりきれいじゃないが、ネギの香りが微妙に鶏肉にしみ、鶏や野菜から出た旨み汁をジャガイモが吸い、とてもおいしかった。シリコンタジン、おまえは出来る子だぜ。

そういえばこの時も、あまりの「お酒に合いそうなおいしさ」に、これは無理だ酒無しでは無理だ、と思って、とっておいた果物ビールを開けて飲んでしまったのだった。

下は、「どうしてもパプリカが食べたい!」と狂おしい気分になった時につくったお昼ごはん。

2013-07-04_001

左上、パプリカとほうれん草の炒め。右上、牛肉。
下、軽く焼いたトマト。
パプリカとほうれん草には、ダイコンおろし器でおろしたパルミジャーノをふりかけてある。いわゆる粉チーズより、ちゃんとしたパルミジャーノをすって使った方が美味しいし、香りが良いから少量で済むので健康的で経済的な気がする。
牛肉は、みりんと醤油を使って甘辛く炒めた。肉の調理にみりんを使うのが、先月から私のなかで流行している。ご飯に合うんだもの。

ああ、うまい、ラムコーク。


カエルの魔術師と女教皇を描いた

考え事がもやもやしているとき、鍵盤叩いたり絵を描いたりしています。

たいてい一気には描かず、ちょこっとずつ描いたり、描き足したり、消したり、色を塗ってみたり。

この間そんな感じに、カエルの愚者を描きましたが、それに引き続き、カエルの魔術師と、カエルの女教皇も描いてみました。

以下、クリックすると少しだけ大きな画像で見られます。

まず、魔術師。

うしろの渦みたいなのは、最初カエルの卵にしようとしたのですが、面倒になってやめました。

次、女教皇。

変な形の杖は「?」マークのつもり。単なる思いつきで、そうなりました。

ちなみに、この間描いた愚者はこれ。

どれもカエルなので、どこかこうのんびりした感じです。

パースが狂ってたりとか、手足の長さが適当だったりとかは、まぁ気にするな。

深い意味はなにもありません。
続きを描くかも知れないし、描かないかもしれない。
単なる、脳内がもやもやしている時の手慰みを、恥ずかしげもなく公開しているだけー。

ちなみに画像はSkydriveに置いてみました。
そのうち改善されるのかもしれませんが、ブログで表示する画像を置く様な使い方には、いまいち不便な気もします。
あと携帯電話からだと見られないかも。


lensbabyで撮った、暑い土日の写真を3枚

急に暑くなった土日でした。

うろうろしている時に撮った写真を3枚紹介。
3枚ともLensbabyで撮りました。

写真はflickrに置いてあり、クリックすると大きなサイズで見られます。

1枚目。信号機。

a traffic light / a hot day

ある意味Lensbabyっぽくなく、ある意味Lensbabyっぽい写真だな、と思いました。なんか最近は、Lensbabyを使っていることをあんまり気にせず撮ってみています。

2枚目。ラーメン屋の屋台。

a ramen stall / a hot day

日陰に置かれていました。

3枚目、花壇。

a flowerbed / a hot day

濃い色の植物が密集しているところがあったので、道と一緒に撮ったら暑さが出るかも、と思って撮ってみました。


サツマイモ描いた

サツマイモを描きました。

google画像検索でサツマイモを検索し、適当な写真を参考にして。

トレースしちまえ、という心の声の誘惑に耐え、見ながら、でもなぞりはせず、描き起こしました。

こうなりました。

サツマイモ

どうすか?
芋に見えるすか?

描いたソフトは、いつものCorel Drawです。ベクターで描きました。



貝磨きの愉しみを知ったこと

奄美大島に通うようになって、夜光貝の存在を知りました。でかい巻き貝。食用。そして殻を削ると分厚く美しい珠層が現れる貝。古くは螺鈿の材料として利用され、正倉院の宝物にも、夜光貝を用いたものがあるそうです。現在は、ルアーやアクセサリ、インテリアなどに活用されています。

いいな、貝殻を手に入れて磨きたいな、と思っていたある日のこと。宇検村の阿室小中学校でワークショップをし、その後学校の前を流れる川沿いを散歩していました。そしたら川の中に夜光貝が落ちているのを発見! 誰かが食べてポイしたのかも。ともかく、川のなかに入り、拾いました。

拾った貝は小ぶりだし、かなり傷んでいたけれど、とても嬉しかったです。

それが2年前。今年になってからコツコツ磨き始めました。現状が上の写真です。

貝研磨素人の私にとっては、この時点でなんかもう、見とれる美しさに思えます。でもまだまだ磨き途中。真珠層が現れている部分も、もっともっと研磨する予定。そしたらもっと光沢が増し、色味も複雑になるはず。

よく見ると、小さい穴が開いていたり、あちこちヒビが入っているのがわかります。結構長い間、川のなかにいたっぽい。でも、いいの。愛着あるし、最後まで磨き上げる所存。

貝を磨きながら、中学校のときに書道の先生が、墨は丸い動きで磨ろう、心を丸くするつもりで、って良く言っていたのを思い出しました。こうやってぼーっと貝を磨いていると、心を磨いているような気分になります。うふふふ……。
貝磨きはなんだか精神安定に効果があるような気がします。もしくは心の変なスイッチをオンにしてしまう効果が。

大きさ比較のために、精密ドライバーと一緒に撮ってみました。

かなり小さいです。

ちなみに、これを拾って数ヶ月後、私が夜光貝を磨きたがっていると聞いて、貝殻をわけてくれた方がいました。結構大ぶりで、アクセサリが幾つも作れそう。ありがたくキープしてあります。

まずはこの拾った貝で磨き方を練習した後、頂いた貝殻を磨くつもりでいます。

ちなみに貝を拾ったのは、地図でいうとここ。


大きな地図で見る