Momo Uta 309 - Home

音楽一覧

劇中歌『帰ろう』についてと、1番の譜面

ART SETOUCHI イベント 『風が吹いた、帰ろう』(9.23-24 サンポートホール高松第1小ホール)には、いくつも劇中歌があります。その一つで、劇の題名の一部にもなっている『帰ろう』。2014年の10月に初めて香川県の大島に訪問した直後から、なんかモヤモヤと浮かんできて、11月には形にしていました。まだ『風が吹いた、帰ろう』のプロットどころか、企画自体なにもない段階でした。

大島青松園での、準備に膨大な時間をかけた泊まりこみのワークショップ。
その体験から得たなにかを、形にしたくて必死でした。
で、誰にも内緒のまま、個人的なこととしてこっそりと、詞がうまれメロディがうまれました。

夕日が女木島に沈んで行く様子。
ただただ波を見ているしかない、時間の流れない浜辺。
風が吹いていて、その音を聞くことすら娯楽に思える、島の何もなさ。
夜の浜辺、遠い高松のあかり、反対側に行けば小豆島のあかり。
島の港を出て行く船に、いつまでも手を振り続けていた、車いすのおばあちゃん。

そういったことが、できあがった歌にはこもっていました。
誰かに見せたり聞かせたりするつもりは特になかったと思います。だって恥ずかしいじゃん。

大島は、高松港から官有船で20分ほどのところにある、ハンセン病の国立療養所の島です。

その後、『風が吹いた、帰ろう』という長編劇をつくる覚悟が決まりました。
ぼくが作詞・作曲した『帰ろう』も、翌春にはウチのカフェ公演の1作品として、公開に至りました。
こんな感じに↓。

ジェストダンス・ライブ(特別企画)
桃唄309が来年上演予定の、ハンセン病を題材にした長編劇。その構想を元にした、歌と新作ジェストダンスをお届けします。
振付 西山水木/明樹由佳 作詞・作曲 長谷基弘
出演 成本千枝/西山水木 歌 竹田まどか
ジェストダンス・ライブは、Aプログラムのおまけコーナーにてお届けいたします!

心の根っこからなんだかよくわからないものが湧いてきて、どうしようもなくなってこっそり言葉を書きとめ、密かにメロディをつくり、伴奏をつけた曲が、歌とダンスを得て、形になり、ついには人の目に触れました。
そして、このなんだかよくわからないものは、もう自分だけのものじゃなくなったと感じました。もちろんそれは、ひたすら「喜び」です。さびしさとかゼロ。

『風が吹いた、帰ろう』が座・高円寺1で初演される、1年以上前のことでした。もちろんこの段階でも、プロットは1行もありませんでした。

以下、1番の譜面。

全部で3番までありますが、今はひとまずここまで。

下、SoundCloudにいまアップした、1番の伴奏。いくつかの楽器、シンセの音を抜いた、簡略版です。
長めのイントロ(ダンスがあるので)の後、フルートでメロディを入れてあります。
実際の劇中では、もうちょっと伴奏が入り、フルートによるリードは入りません。
また、間奏に入ってちょっと進むと音がフェイドアウトします。
これもひとまずここまで。

イントロと間奏は、船が海を進むイメージ、もっと具体的に言うと、高松港と大島を結ぶ官有船の窓から、海を眺めているときのイメージでつくりました。
メロディは、波の形を意識してつくりました。あがったり、さがったり、あがりきったところで溜めがあり、そこから崩れていったり、さささーっと引いていったり。

で、そんな話は振付・踊り手・歌い手には言ってなかったにも関わらず、そういうニュアンスを表現に取り込んでいて、これもまた嬉しくも驚きました。

松花堂弁当のように楽しみどころがあちこちにあることを目指してつくったお芝居です。登場人物たちそれぞれの物語と共に、こういった歌やダンスも楽しんで頂けたらと思っています。ぼくらも稽古していて、このジェストダンスのシーンに辿り着くのを毎回楽しみにしています。

サンポートホール高松でお会いしましょう!

とある病気のいまとむかし
そしてふへんのあいについて

『風が吹いた、帰ろう』
2017年9月23日(土) – 24日(日)
サンポートホール高松 第1小ホール
2016年5月に座・高円寺1で上演した作品を、高松にて再度上演

4幕ある劇のための幕間及びエンディングのピアノ曲を4パターン (CC)

「4幕構成っぽい劇で、幕間やエンディングにかけるとちょうど良さそうな曲」を、Soundcloudにて公開しました。1つの曲を、4パターンです。作曲、おれ。

発表会やらワークショップやらリーディングやら公演やら映像作品やらなにやらで、構成上の区切りとなる局面で曲をかけたい。でも、既成曲は権利処理が面倒だったり、曲への各人各様な思い入れが邪魔をしたり、曲自体で完結しているように感じられ「これじゃ劇いらないじゃん!」とか思っちゃったり……。そんなあなたに! この曲なら安心! 劇の統一感を乱さず、曲自体はシンプルで主張もなくちょうど良い感じな上に、ライセンスはお手軽なクリエイティブ・コモンズです!

というような、よくわからない売り込み文句はさておき。

2015年4月に行った春カフェ『健康いろいろ』。そのなかで上演した短編劇の一つ『お見舞い、もしくは黒い三角形』のために作った曲です。

劇の区切りを判りやすくする意味で曲をかけようと思いました。で、ピアノの曲を1つ作り、その一部を抜き出してアレンジを変えたものを3つ作り、という工程をたどりました。パターン1から3までを本編中で使い分け、全編を最後にかけました。わかりやすい。

ピアノ曲と言いつつ、笛系シンセっぽい音も入っていますが、こういうのが入っていた方が会話劇のなかでかけるものとしてはいい感じな気が。曲によるけど。
ピアノだけで完成度を高めようとすると劇のじゃま、だからシンプルにする、でもそれだと寂しい、のでバランスをとっている、とも言えます。割とよくやる処理かも。

1曲1曲はとても短いです。最後のALLで49秒。Part 1から3までは、28秒、22秒、15秒、です。

続きを読む


スマホとか用のシンプルでアコースティックな着信音を28個つくった

あーもう! あーもう! 耐えられない!

スマホのメールやらハングアウトやらの着信音に電子音が混じっているのが耐えられない!

そういった音は、自力でなるべくアコースティック系のものに設定しています。が、種類が限界になってきました。
そういえば、私が某Lxxxを、サービスが始まったころにアカウントをつくって1ヶ月も立たずにアンインストした理由の半分はこれ。着信音がつらすぎたから。あの音、本当にダメ。

なので、Ableton Liveのインストゥルメントを使って、とりあえず28個ほど自作しました。
これくらいあれば当分は持つだろう……。

期間限定で劇団のサーバーにアップしておきます。
欲しい方はダウンロードして使ってください。

ダウンロードしたMP3の、スマホへの着信音の設定の仕方は……Googleなどで検索を。

サーバーの容量的に、置いとくのがきつくなってきたら消します。

今回は、トライアングル系、アゴゴ系、クロテイル系の3種類。打楽器です。
マリンバとかグロッケンシュピールとかの音でもなんか作ろうと思っていたけど、それはまたいずれ。

以下、ファイル名を右クリックしたりタップしたりすると、ダウンロード的なことができるはず。
ファイル名の下は、試聴用のプレイヤー。試聴って言ってもフルに聴けます。

では28種類、いってみよー!

続きを読む


昭和歌謡、聴く?

劇団桃唄309公演『風が吹いた、帰ろう』(2016.5.25-29 座・高円寺1)では、広い時代を扱っています。観に来て!

戦前のシーンで一瞬だけ「ラジオからの音」っぽく流れる曲がこちら。

つくりました。
数日間のうちに曲と歌詞と譜面を製作。稽古場に持って行き、歌い手に渡す。翌日、もう歌えるというので稽古場で録音。その場で加工&データ化。どの日の晩に、soudcloudへアップ! はや!
でも数分も流れず、かつ台詞中は聴き取れない音量の予定なので、このスピードでつくるのが正しい気がします。

島ぐらし

歌: 竹田まどか
作詞・作曲: 長谷基弘

流れ流れて島ぐらし
故郷を捨てて名前を変えて
生まれ変わって またいつか
小さな花を咲かせたい

追われ追われて島ぐらし
あなたのぬくもり懐かしや
泣いて別れた 桟橋に
帰ってくるなと 波は寄せ

月日はたっても島ぐらし
世間冷たや冬の海
来ない春の日 待ちわびて
枯れてしおれた草一つ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
『島ぐらし』はクリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

2016/6/1 追記

この音楽データに対し、クリエイティブ・コモンズ 表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際 ライセンスを付加しました。
非営利のものならば、著作権者表示をつけて自由に使えるライセンスです。


先日の某高校学科公演の、オープニング曲をアップ

先日キラリ☆ふじみで上演した、某芸術総合高校の舞台芸術科の学科公演。ぼくは演劇専攻の公演の方に指導的立場でした。

そのオープニング曲をSoundCloudにアップロードしました。

劇自体は高校生たちが主人公なのですが、劇中になぜか「太陽系」のシークエンスが、オープニングとエンディングを含め数場面あります。太陽・地球・月、そして星々が乱舞し、時々止まって会話。そんな場面の数々の、オープニング用です。

はい、聴いてのとおり、18世紀末にフランスで大流行したシャンソン”Ah! Vous dirais-je, Maman”が原曲です。きらきら星とも言います。

以下、なんのこっちゃ話。

製作には、Ableton Live 9 + Push、あとAbsynth 5を使っています。
途中から入るWobble Bassの音は、Operatorでの自作品。
同じく途中から入るピコピコ音は、Kasioという名のMax for Live上で動くシンセ。Ableton のサイトのPackから落としました。今回の劇中曲では、Kasio多用したなぁ。

私が5人くらい入れそうな巨大スピーカーに合わせた調整になっているため、再生環境によっては聴きづらいかもしれません。


ランチタイム転換のための4曲をアップ

木曜からキラリ☆ふじみに入っています。

某芸術総合高校の舞台芸術科の学科公演。ぼくは演劇専攻の公演の方に指導的立場で入っています。やっていることは平たく言うと、戯曲と演出の監修。去年の9月から、生徒達による創作と試行錯誤を丹念に積み上げ、6月22日の日曜に、ようやく80分の劇のお披露目に至ります。

そんでもって音楽も作りました。音響さんに渡した音楽ファイルの合計は1.15GB。28ファイルありました。いっぱい作ったなぁ。

続きを読む


Ableton Pushのボタン配置図をつくった

ネット上のどこかで誰かが既にやっていそうですが、Ableton Pushのボタン・つまみ類の配置図をつくりました。

メモ用でささっとつくったものですが……ブログ上でPushの解説記事を書いてやろうという奇特な御仁がいたとして、なんかの間違いでそんなお方の目に止まり、おーこの図を使えば便利だぜじゃんじゃん記事書いてやるぜ、なんてことになったらい~な~(自分がとっても)助かるなぁ~、というような淡く切ない願いを込めて、公開します。

ableton_push

Jpegデータ自体はflickrに置きました。クリックで、画像を置いてある先に行けます。Windowsの場合、flickrの画像上の右クリックで、どういうサイズでダウンロードするかの一覧が出てくるはず。”Original”は1024×810ピクセルです。

ベクターデータが欲しいという人はこちら。PDFです。

ableton_push_worksheet

Creative CommonsのNoncommercial / Share Alikeライセンスで配布しています。ブログや私用メモで使っていただく分には連絡とかなにもいりません。ご自由に。



4月にやった短編劇の曲を1つだけ紹介

4月にやった 短編劇集vol.4『花いろいろ』用につくった曲を1曲だけ紹介します。

Cパートの『大空』という3人芝居の、ラストにかかる曲です。それのロングバージョン。

高いところから飛び降りたり昇ったりするイメージと、単音で聞くと不安な感じだけどコードが入るとあったかいね、というコンセプトをかけあわせてつくりました。

最初はもっとごてごてしていたのですが、大詰めで引き算の法則発動。いろいろ抜きまくってこうなりました。

眠くなる曲です。

以上、このブログのプラグイン構成をいろいろいじり中で、その実験用の記事でした。