Momo Uta 309 - Home

戯曲一覧

さらにまたKindle戯曲の新刊『おつきみ年代記』『食い逃げカフェの小さな日記』を出した

相変わらずウチのKindle戯曲を買うと収益9割を東中野のRAFTに寄付するキャンペーン、6月末まで実施中です。

桃唄のKindle戯曲を買ってRAFTに寄付するキャンペーン、実施中!

そしてまたまた新刊も出しました。中編『おつきみ年代記』と『食い逃げカフェの小さな日記』の2つです。まだ出します。

おつきみ年代記』は2018年初演の50分の中編です。Kindleで出した戯曲では一番最近の作です。人類滅亡後の世界で、妖怪っぽい者たちが人々の思い出をふりかえる話です。人間の行動には因果関係が伴います。理由があって、何かをし、結果が生じるのが人間。でも作品に妖怪を出すときはいつも、因果関係から外れた存在というか、ある種の抽象概念のようなものとして描いています。理由がなく、なにもせず、結果もあやふや。となると普通の役づくりがなかなか通用しなくなるのですが、毎度のことながら、俳優ってよくやるなぁと稽古場で感心します。あ、タイトルから想像がつくとおり、レイ・ブラッドベリの『火星年代記』の影響を微妙に受けているかもです。小学生の時に初めて読んで大変な衝撃をくらい、以降SFばっかり読んでいたなぁ。

食い逃げカフェの小さな日記』は、2014年初演、2017年再演の短編です。ジャンル的にはコメディと言って良いかな。登場人物の貧乏神の名乗り口上は、「好きな自作のセリフ・ランキング」でトップ10に入ります。ちなみに小学生・中学生頃のことですが、ラジオの落語を録音して聴き、好きな噺は何度も繰り返して再生していた、という時代が自分にもありました。カフェ公演での短編は実験的なこともいろいろできるのですが、好きだった落語の世界をなんらか導入できないかな、と思って実験し出したのは、ウチの短編劇集ではこの作品が最初だと思います。

以下、新刊2つの紹介です。

続きを読む

さらにKindle戯曲の新刊『とべ! 焼却炉!』『あの国』を出した

ウチのKindle戯曲を買うと収益9割を東中野のRAFTに寄付するキャンペーン、6月末まで実施中です。

桃唄のKindle戯曲を買ってRAFTに寄付するキャンペーン、実施中!

そんでもってまたまた新刊も出しました。『とべ! 焼却炉!』と『あの国』の2つです。まだまだ出します。

とべ! 焼却炉!は、RAFTで始めた短編劇集公演の第一作目です。舞台は二畳というコンセプトの公演で、なにができるかを手探りしながら書きました。そしてぼくらの短編劇によくある、「どもー、えーっと始めます、どういう劇を始めるかっていうとこういう劇で……」、と冒頭に口上を入れるスタイルは、この一作目からだったんだな、って今読むとわかります。一作目なので、1ページ以上費やした凝った始まり方をしています。今は「じゃ、はじめまーす」みたいな始まり方です。

あの国は、第6回目の短編劇集「せんそういろいろ」のうちの1作です。この頃はぼくは、短編劇っておもしろいぜ! 書き方もわかった気がするぜ! ガンガン書けるぜっ! と調子に乗っていて、この「せんそういろいろ」だけで6作品いっぺんに新作を書き上演しました。どうかしていました。もうそんな勢いでは書けないです。「長くても短くても大変さは一緒」(ことわざ)。付き合ってくれた俳優たちも、よくやってくれたよな、と今更ながら思います。

以下、新刊2つの紹介です。

続きを読む

Kindle戯曲の新刊を出した 『あいまい宝島』と『知らない星、光る』

数年ぶりにKindle戯曲の新刊を出しました。
1時間弱の中編『あいまい宝島』と、30分弱の短編『知らない星、光る』です。

6月はさらに数作品、Kindleにて販売を開始する予定です。

ずーっと出していなかったのに急にまたなんで?

東中野のRAFTが寄付を募っているので、戯曲の収益を募金するキャンペーンを開始した

劇団桃唄309の「短編劇集」シリーズは、第一回目からずっと東中野のRAFTで催してきました(1回だけ別の場所でもやりましたが)。そんなRAFTが新型コロナの影響により、数ヶ月間ほぼ閉館の状態になりました。4月に予定していたぼくらの公演も、早々に中止を決めました。

劇場やイベントスペースって、存在するだけでお金を食い続けます。詳しくは下のリンクを。RAFTからの募金のお願いです。

プレビュー(新しいタブで開く)

で、募金は募金として、さらになにかできないか劇団で考えました。考えた結果、RAFTで上演した戯曲を電子書籍にし、収益のほとんどをRAFTに寄付することにしました。6月末(2020年)までやります。詳しくは桃唄Newsから。下のリンクです。

劇団桃唄309では、2012年春より毎年、ともに作品をお寄せくださる団体とともに、短編劇集の上演を続けています…

せっかくこういったキャンペーンをやるなら新刊も出したいよね。本って「出たばかりの新刊」が一番売れやすいし、売れた方が寄付額も増えるし。いっぱい寄付できると、ねぇねぇ設備のここをリニューアルしない? とか言いやすい! やった! じゃなくて、それ以前に、場所が維持されなくなると本当に困ります。ぼくらの「短編劇集」はRAFTあってのものなので。ということで、新刊を続々出すことになった次第です。(※註 通常劇場は、寄付とか関係無しに、利用者がきちんと意見を言えばしっかり聞いて検討してくれます。当たり前ですが。)

5月末に出した新刊は以下です。題名が販売ページへのリンクになっています。

続きを読む


短々編戯曲3編もKindle本化した

短々編戯曲、って言葉は私のいい加減な造語ですが、それはさておき。
2014年に書いた上演時間12~15分程度の戯曲3編を、Kindle用の電子戯曲として販売開始しました。文字数他の変数から価格を算出する式に基づき、各220円也。

もちろん手製のEPUB戯曲作成ツール”Θέσπης“を使って電子戯曲化しました。利用者なかなか増えないなぁ。ジャンル的に仕方ないけど。

以下、Amazonで販売中の、我が短々編戯曲です。

通勤・通学時のお楽しみにいかがでしょうか。

Kindleのアプリは、Amazon内の以下のページから手に入ります。Kindleのデバイスを持っていなくても、スマホやPC、タブレットなどから読めます。

Kindle無料アプリ – アマゾン

以下、商品紹介ページに載せた文です。題名クリックで該当のAmazonページに飛びます。

続きを読む



Θέσπηςをルビ対応させる準備をした

戯曲のテキストをEPUB3形式の電子書籍にするコンバーター『Θέσπης』(テスピス)を、そろそろルビ対応させようと思った。

ぼく自身は、戯曲を書く際は、

  • 自分が書けない漢字はなるべく書かない
  • 難しい熟語は使わない
  • 一文字で3音以上ある漢字はなるべくひらがな表記にする ※文字量で上演時間を推定するため
  • セリフ中の登場人物名はカタカナで表記する ※上演時間推定と、文字から人物の性質を感じ取れないようにするため

などのポリシーに沿っている。
なので稽古でも、読めない字が出てきてひっかかることはほとんどない。(あれ、きらい)

そんな理由で、『Θέσπης』(テスピス)にルビの変換機能を搭載するのは、自分はいらないしぃ、後回しでいいかな、とか思っていた。

だけど、いかんいかん、よく考えてみたら自分も印刷用の台本に、ワープロの機能で時々ルビを振っていた。
敢えて難しい言い回しを登場人物がわざわざ言うときとか、歴史上の人物名が出てくる時とか。

いるじゃん、ルビ機能。

とりあえず準備をしておこう。
仕様を決めて、変換方法を探ってみる。

続きを読む


Kindle戯曲の2冊目、売り始めた

というわけで、『宣戦布告』に続く、Kindle版電子戯曲の2冊目を販売し始めました。
2014年の秋カフェで上演した短編劇『水の盆』です。

20年以上前に会ったきり存在すら忘れていた従兄(いとこ)が夭折。成り行きでその従兄と位牌婚(※死者との婚礼)することになったユウ。東京からやってきたその晩、思い入れゼロのまま、その地方の風習に従い、位牌と共に一晩過ごすことになるのだが……。
コミカルなやり取りから浮かび上がってくる、残された人の思い。
2014年9月初演(劇団桃唄309)の短編会話劇。
上演時間30分弱(初演時28分)。登場人物3名(女2男1)。1シーン。

↑こんな感じの内容です。
構造のかっちりした作品です。かなり執念深く伏線を編み込んだ記憶が。それもトリッキーなやつではなく、王道的なフォアシャドウイングの積み重ねでできています。なので戯曲の読解や構造分析、演技訓練、ワークショップのテキストなんかにもよさげです。

よろしければぜひ、ポチッとお願いします。お願いします。


戯曲の書き方講座(5) – インデントで台詞の見栄えをよくする

戯曲の書き方講座、5回目になりました。

ちょっと間があいてしまいましたが。

前回は、台詞やト書きをタブを使い、デジタルデータとして整えつつ効率良く執筆していく方法について説明しました。

今回は、タブを使ってデータとして正しく書いた戯曲を、Wordなどできれいに表示するには、という話に入っていきます。

具体的には「インデント」についてです。

続きを読む


戯曲をEPUB3化する道(13) – まだ不具合もあるけどΘέσπηςを公開しちゃう

戯曲をEPUBにするぞ、おー!

というわけで、KDPで自分の戯曲も売り始めることができたし。

Θέσπης(テスピス)を公開しちゃうよ。

まだ不具合があると思う。
わかりづらいところもたくさんある。
説明文書も足りていない。
コアとなるコントローラを今日大幅刷新したばかりで、その試験運用も全然足りていない。

でも、ま、いっか!

ここからは公開の上で、調整してこう。

Θέσπης – Drama Script to EPUB3 Converter

α版です。
メンテナンスも細々入るので、表示がおかしくなったら更新中だと思って!

補足をいくつか。

EPUB3をつくるときは、「Step3 – カスタマイズ」でメールアドレスを入れるのがお薦めです。メアド、変なことには使いません。

メニューバーの「ツール」にも、いろいろあります。表紙メーカーとか、例文集とか。

例文集には、項目にチェックをつけてボタンを押すと「差別表現がある場合のことわりがき」も生成するよ。
でもこれ良い文例かどうかはわかりませんし、自分で書いた方が心がこもると思います。

というわけで、お気づきの点があったらご指摘よろしくです。


戯曲をEPUB3化する道(12) – Kindle用1冊目、売り始めた

ちょっと前、いや結構前に、EPUB化した戯曲の1つをKDP(Kindleダイレクトパブリッシング)に登録してみた。
プレビューしてみたけど問題なさげ。

最初の手続き、とくに税関係がかなり面倒な感じだったけど、これでも前よりだいぶ簡略化されているみたい。このことは、気分が乗れば、いずれ書く。

で、情報を整えたものをアップしなおしたのが昨夜。

勢いで、ポチッとな、してみた。ステータスが「審査中」になった。
「通常は、72 時間以内に審査が完了して出版されます」とのことだった。

2時間後、さー寝るか、ってときに、気まぐれでKDPの自分の本棚見た。
ステータスが「販売中」になっていた。……はえーよ。

というわけで、販売開始されました。
今回は、売ることよりも、自分のつくったコンバーターでEPUB化したものが、Kindleで売れるのか、という実験が目的。達成……ってことだよね。拍子抜けで実感がない。

そんなわけでたぶん、1~2週間以内に、戯曲toEPUBコンバーター「Θέσπης」も公開します。