Momo Uta 309 - Home

4幕ある劇のための幕間及びエンディングのピアノ曲を4パターン (CC)

「4幕構成っぽい劇で、幕間やエンディングにかけるとちょうど良さそうな曲」を、Soundcloudにて公開しました。1つの曲を、4パターンです。作曲、おれ。

発表会やらワークショップやらリーディングやら公演やら映像作品やらなにやらで、構成上の区切りとなる局面で曲をかけたい。でも、既成曲は権利処理が面倒だったり、曲への各人各様な思い入れが邪魔をしたり、曲自体で完結しているように感じられ「これじゃ劇いらないじゃん!」とか思っちゃったり……。そんなあなたに! この曲なら安心! 劇の統一感を乱さず、曲自体はシンプルで主張もなくちょうど良い感じな上に、ライセンスはお手軽なクリエイティブ・コモンズです!

というような、よくわからない売り込み文句はさておき。

2015年4月に行った春カフェ『健康いろいろ』。そのなかで上演した短編劇の一つ『お見舞い、もしくは黒い三角形』のために作った曲です。

劇の区切りを判りやすくする意味で曲をかけようと思いました。で、ピアノの曲を1つ作り、その一部を抜き出してアレンジを変えたものを3つ作り、という工程をたどりました。パターン1から3までを本編中で使い分け、全編を最後にかけました。わかりやすい。

ピアノ曲と言いつつ、笛系シンセっぽい音も入っていますが、こういうのが入っていた方が会話劇のなかでかけるものとしてはいい感じな気が。曲によるけど。
ピアノだけで完成度を高めようとすると劇のじゃま、だからシンプルにする、でもそれだと寂しい、のでバランスをとっている、とも言えます。割とよくやる処理かも。

1曲1曲はとても短いです。最後のALLで49秒。Part 1から3までは、28秒、22秒、15秒、です。

ダウンロードの手順。ダウンロードしたい曲をリストからクリック。さらに右上の「SOUNDCLOUD」をクリック。とんだ先で、曲の説明文の上にある「…More」をクリック。メニューリストが現れるので「Download」をクリック。以上でWavファイルを落とせます。

先述の通り、クリエイティブ・コモンズの表示-非営利-継承の国際ライセンスを付与しました。パンフなどでの著作権者表示(例えば『Farewell』 長谷基弘、とか)を条件に、演劇公演、発表会、映像などで無料で使えます。パンフなど印刷物を一切刷らない場合は、表示なしでも良いです。商業利用じゃなければ、私への連絡も必要ありません。

あと、非営利の範疇ですが、当然ながら有料公演は営利って意味じゃないです。ほとんどの小劇場公演は非営利よね? ウチも、例えば2016年の5月にやった『風が吹いた、帰ろう』(座・高円寺1)ではチケット代4,000円でしたが、非営利の公演です。

というわけで、良かったら劇中曲などの選択肢にお入れください。

関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする