Momo Uta 309 - Home

戯曲の書き方講座(3) – ワープロソフトの手入れをする

今回はワープロソフトの設定について

戯曲の書き方講座、3回目です。
戯曲講座ではなく、PCなどで書く時の、書き方講座です。

1回目は、文章と見栄えは徹底的に切り離す、という鉄則を紹介しました。
2回目は、文書は見出しで区切って管理・把握しよう、という話をしました。

さて今回からはいよいよ「Tab」キーの使い方に突入!

と思ったのですが、そこに進む前に、ワープロソフトの設定をしてもらわないと話が見えてこないこともあるかも、と気付きました。

タブの話は、設定の話のあとです。

道具を使うには準備や手入れが必要

道具を使うには準備がいるし、使い続けていくためには手入れも必要です。

筆とか、鉛筆とか、ゲルボールペンとか、万年筆とか。
煩わしさと捉えるか、心を研ぎ澄ます行為と捉えるかは人それぞれですが、どれも一緒。
仕事として「書く」ことをしているならば、道具選びと手入れは、業務の大切な一部になっているはずです。

PCだって一緒です。

PCの場合、パソコン自体の設定であったり、使うワープロソフトの設定だったり。
そこで手を抜くと、書く時に楽できません。

楽をしたり手を抜いたりするためには、労力も払わないと。

と言うわけで今回は、Wordのバージョンアップするたびに、私がまず行っている設定について書きます。
なぜWordかと言えば、私がWordしか持っていないからです。

重要なのは「見えない文字を見えるようにする」ことですが、劇作家にとっては必須の「自動文章校正をオフ」にすることも紹介します。

註: Word以外の方は、操作方法が違うとは思いますが、似たような設定はできるはず。

1. 見えない文字を見えるようにする

カーソルを動かすキーを除き、キーボードを打って「入力」したら、それらはすべて文字データです。空白や改行も文字データ。タブも文字データです。

でもWordや他のワープロソフトやテキストエディタは、多くの場合、「字」とは見なされづらい文字を表示しない設定になっています。
正しい文字データ(註)として文章を書こうとした場合、これはすごく不便です。

註: ここでは「正しい文字データ」とは、単語の途中で改行や空白を挟んでいない、文字の並びと文意が完全に一致した、見栄えに依存しない文字データのことを指します。

オプション・ダイアログを開く

ファイルメニュー

ファイルメニュー

Wordの場合「オプション」からいろんな設定ができます。

以下はWord 2010の場合の操作方法です。

「ファイル」→「オプション」の順でクリックしましょう。

これはWord 2010での操作ですが、2013でも変わらないはず、たしか。

「表示」の項目にいく

次は「表示」をクリックしましょう。

オプション・ダイアログ

オプション・ダイアログ

「常に画面に表示する編集記号」欄で、編集記号や改行や空白などの特殊な文字の、表示/非表示を選べます。

「表示」から編集記号をON

「表示」から編集記号をON

私は迷いなく「すべての編集記号を表示する」にチェックを入れます。

ただ、これは筆記用具なので、個人の好みにどこまでも寄り添うべきです。わかっていて、これは表示したくないなぁ、というものがあれば、表示させたいものだけにチェックを入れてください。

とは言え、「タブ」「スペース」「段落記号」は、最低限でもチェックをした方が良いと思います。

註: テキストエディタでも、私は同様の設定をしています。逆に言えば、こういう設定のできないテキストエディタ(ノートパッドとか)は絶対に使いません。入力した文字が見えないなんて!

2. 劇作家必須! 自動文章校正をオフ

同じく「オプション」の画面から、「文章校正」をクリックして選んでください。

「Wordのスペルチェックと文章校正」という欄があります。

文章構成

文章校正

私はここの「自動文章校正」のチェックを外します。
註: たぶんデフォルトでは、チェックが付いていると思います。

劇作家はセリフ中に、乱れた言葉を敢えて書く場合があります。
「自動文章校正」にチェックが付いていると、「ら抜き言葉」や「い抜き言葉」などなど、言葉や文章の乱れを、波線をつけてご親切に教えてくれちゃったりします。

わかっとるわ! という時に、とてもじゃまです。思考のノイズになります。

話し言葉を書くことがメインなら、オフにしちゃいましょう。

おまけ. オートコレクトの設定について

同じく「オプション」の「文章校正」の上の方に「オートコレクトのオプション」というボタンがあります。

オートコレクトのオプション

オートコレクトのオプション

オートコレクトとは入力を補助する機能です。例えば「英語で曜日を入力すると頭文字を自動で大文字にする」などの補助をしてくれます。

たしかに便利なものもあるけれど、これもまた「わかっとるわ!」になってしまう時も……。

入力補助関係で「じゃまだなぁ」と思う機能があったら、「文書校正」と、この「オートコレクト」の設定をまず怪しんでください。

文字を文字じゃなくする機能はオフに

「オートコレクト」のうち、「入力オートフォーマット」や「オートフォーマット」タブ中にある、スペースやタブの挙動を変える項目については、書き仕事をしている人はオフにした方がよいです。

入力関係のオートコレクト

入力関係のオートコレクト

例えば、上の画面で言ったら、

  • 「行の始まりのスペースを字下げに変更する」
  • 「Tab/Space/BackSpaceキーでインデントとタブの設定を変更する」

とか。

スペースやタブキーなどの挙動を、インデント(自動で字下げにしたりする位置)の調整にされてしまうと、書き仕事のじゃまになります。

書き仕事をしているならば、打った文字に責任を持つのがあたりまえ。なのに、入力した文字がなくなる?!

日本語の文章は、段落のあたまを1文字あかす(スペースを入れる)習慣があります。この時打つスペースは、見栄えの調整ではなく「ここは段落の始まり!」という定義であるはずです。なのにその定義を勝手に取り去るとは……。はい、きもちわるいです。

入力した文字データ内に無自覚の消失があるってことになり、実用上困った事態になってしまうことも起きえます。

オフりましょう。

註: 次回以降の内容は、タブや空白文字でインデント調整をしない設定になっていることが大前提となります。

設定の項目はいやになるくらい膨大

Wordに限らず、ワープロソフトは設定できる項目が膨大にあります。全部は紹介しきれません。

全部を把握し、網羅して設定をしていくのはとても面倒。
なんだか項目にも、いまいち要領を得ないものや、なんのことを言っているのかさっぱりわからないものも混じっていますし。

でも面倒だからってすべて放り投げてしまうのもどうかと思います。

不便に思ったことがあったら、オプションを覗いてみて、調整すればなんとかなるんだったら調整すればいいだけ。
思い通りに調整できなくても、また調整すればいいだけ。
わからないことがあったら、ネット検索も駆使してください。大抵の「困った」は、誰かも同じように思っているはず。

そうやって少しずつ理想の「筆記具」に近づけていけば良いと思います。

インストールして、すぐあなたの理想の環境に! なんてことは絶対にないです。好みなんて人それぞれ。

楽をするために、書くことに集中するために、しっかりと試行錯誤をしましょう。

大物劇作家だって……

余談ですが、斎藤憐さん(1940-2011)という劇作家がおりまして。日本の演劇史上とても重要な人物の一人です。
憐さんは、同じ世代の劇作家のなかでも、かなり早期から執筆環境の電子化を進めていた方だったと思います。

憐さんは一太郎ユーザーでしたが、設定を自分好みに変えて使っていました。
キーボードやマウスにもこだわっていました。
試行錯誤も繰り返していました。
時々、思い通りの挙動にならずぷんぷんしていたこともありましたが……。

そういえば憐さんって、Googleがまだ日本では馴染みのなかった頃から、Google検索のヘビーユーザーでもありました。

「おまえ、検索はなに使ってんだ」と聞かれて、「Googleです」と答えたら、「そうだよなぁ! やっぱりGoogleがいいよな!」とかおっしゃってたっけ。まだIT界隈の人しかGoogleを使っていなかった時代の話です。

なんにせよ、こだわりを持って執筆環境を整え、そのためのアンテナも伸ばしてらっしゃったなぁと今にして思います。

次回はいよいよ「タブ」の使い方?

さてさて、第3回目はこれで終わりにします。

今回で空白文字が表示できるようになったので、いよいよ次回は「タブ」の説明を始められるかな、と思っています。

キーボードの左の方にある「Tab」キーの、タブです。

現役活躍中の劇作家でも、このキーつかうと便利なんだってねぇ、でもどう使ったらいいのかさっぱりわかんないねぇ、という方が多いという噂(じゃないけど)のTAB

これをちゃんと使わないがために、登場人物名のあとにスペースを入れて字下げし、行の終わりになったら言葉の途中であっても改行しちゃったりしてしまい、デジタルデータとしてはかなりよろしくないものになってしまっているという噂(じゃないけど)の「タブ」!

まぁでも、気まぐれで予定が変わったりもしますが。
今回の内容も、前回の予告とは違うし。

次の更新は、また日があきます。

関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする