Momo Uta 309 - Home

春カフェ『せんそういろいろ』のAパートについて

短編劇集 vol.6 春カフェ 『せんそういろいろ』2014年4月17日~20日
劇団桃唄309 + 母子劇場 + N.S.F. + 東京オレンジ

公演情報

の、Aパートの宣伝をします。

お得感高いよAパート。

A1  母子劇場『とおくのせんそう』

西山水木さんの出演・演出。すごいよね。戯曲はあの篠原久美子さん。若いけど誠実な演技をする小山貴司くん(プロジェクトM)も出演。
既にアトリエDewで上演しているので、こなれた劇が観られそう。
楽しみすぎて鼻血出そうです。
でも、この後に芝居するのは、やる方からするとすごいプレッシャー。

A2 桃唄309『和解』(短短編)

ぼくの戯曲・演出(新作)。能の「小袖曾我」をベースに書き始めたけど、最終的に小袖曾我ちっとも残っていないです。大阪冬の陣の直前、大阪城に向かう途中の牢人が、別居中の妻に会いに行く話。(小袖曾我の構造で言うと、曾我兄弟→牢人二人組、母→別居中の妻)
出演は、劇団ひまわりの強面二人組、素顔が牢人の、石坂純さんと寺内優作さん。迫力あります。妻役に、毎度おなじみ美人のくせに飛び道具的怪女優の五十嵐ミナさん。この劇では美人部分多め。

A3 桃唄309『刀を研ぐひと』

ぼくの戯曲・演出(新作)。時代不明。戦で出世したい若者が、山の庵に住む研ぎ師に会いに行き、父親からもらった古びた刀を研いでもらおうとするんだけれど……。という話。
出演は、若者役に、劇団ひまわりのイケメン王子、野口聡人さん。ファンいそう、ファン増えそう。若者の、誇り高き姉の役に、おなじみ野中希さん。凜って言葉が似合う感じです。この二人が姉弟ってことは、父親母親もきっとイケメンと美人。研ぎ師は、桃唄の國津篤志。今回の座組のなかでは、いちばん研ぎ師っぽい男です。

以上、内容紹介。

さて、Aパートは17日の初日にも上演。
この初日がさらにお得感高い。なぜか?!
初日のAパートは、Bパート、Cパートの出演者陣も含め、関係者総動員で、開演前・開演後のおもてなしに参戦するからです。

なにが起きるのやら。

しかも、短編+短短編+短編の3作上演後のおまけコーナーに、毎回好評の佐藤達による「かみしばい」もアリ。

盛り込み過ぎです。でも盛り込み過ぎるのが大好きです。

というわけでお薦めです、Aパート。特に初日。

短編劇集 vol.6 春カフェ 『せんそういろいろ』
2014年4月17日~20日
劇団桃唄309 + 母子劇場 + N.S.F. + 東京オレンジ

公演情報
チケット予約

以上、公演の宣伝でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする