Momo Uta 309 - Home

奄美大島で作ったオリジナル民話がどれも8ブロックに分かれている理由

2011年度と2012年度に、奄美大島の宇検村で、オリジナルの民話をつくり劇にするワークショップをやりました。

できあがった話は6本。そのうちの4本を既にこのブログに掲載しています。

→ 『岩とポインセチアとパパイヤ』 (2011年度 久志小中学校)
→ 『校門の横のガジュマル』 (2011年度 名柄小中学校)
→ 『裏山の二本の松』 (2011年度 久志小中学校)
→ 『廊下のつきあたりから見えるヤシの木』(2012年度 名柄小中学校)

学 校のなかやまわりにある、気になる物や場所の、嘘っぱちの、じゃなくて架空の由来を民話化しました。例えば、二本絡まって立っている木があっ たら、それは昔仲良しだった夫婦が木になったもので、なんで木になってしまったかというと……。というようなことを、グループで話し合いながら創作してい くわけです。上記の4つの物語、タイトルが場所や物体の名前になっているのはそういう理由。

さて、上の4つのお話を読んで頂けるとお気づきになるかと思いますが、どれも8つのブロックにわけられています。

もちろん自然とそうなわったわけではありません。どういうことかというと……。

まず「由来を語る民話」の大きな構造としてはこうです。図にしてみました。(クリックで拡大)

この「なにかが起きる」の中身こそが、物語そのものです。ここを、グループでわいわい話し合って創作していくわけです。

でもこれだけだとまだ大ざっぱです。子どもたちも、途方にくれたり迷走したりするはず。「現在の状態」までたどり着けないかもしれません。そもそも話し合いにならないだろうと思われます。グループ創作不可能状態。

なので、もう少しステップを細かくしてあげる必要があります。宇検村でやったワークショップでは、私の目が充分届きかつ丁寧に進められる環境だったので、それなりに細かくしました。8段階です。

オリジナル民話の構造 – 8ステップ版

  1. 前段 (=話の前ふりとして「現在の状態」の紹介)
    ※今そこはどんな状態か
    ※ここはあとまわしでよい
  2. 登場人物の紹介
    「昔々(1)の場所には、○○○(登場人物)がおりました。 」
    ※さらにその特徴、その場所の様子など
  3. ことが起きる
    「あるとき、」
  4. そしてどうなる?
    「そこで、○○○は、」
  5. さらにその展開
    ※例えば神様が登場して話がさらに動く
  6. 大きな出来事が起きる
    ※例えば神様がしたことと、その結果
  7. 6の結果どうなったか
    ※6が起きた結果、さらにどうなったか
  8. その後の様子
    ※7の後日談と、現在のその場所の様子

筋を考える前の段階として、1と8、すなわち現在の状態は、すでに決まっていなければなりません。なので実際に子どもたちが頭をひねるのは、2から8までの流れです。

この8段階はワークシート化しました。子どもたちはワークシートの指示を追いながら、ひと段階ずつ、話し合って中身を決めていきます。

で、8まで行くと、荒いプロットのできあがり、というわけです。いったんプロットができてしまえば、文章に起こしたり、各場面ごとの紙芝居やパフォーマンスをつくったり、お芝居の台本にしたり、思いのまま。

このように、私がやるグループ創作のワークショップでは、「最初に全体の構造を決めておく」ことが肝になっています。全体の構造が決まっていれば、あとは構造の構成部品を、一つ一つ作っていけばよいだけになります。
また、一度に考えなきゃいけないことの量を可能な限り減らしてやる、というリードも重要です。いきなり「お話つくれ!」ではまず無理ですが、「最初は誰がいたの?」「その人はまず何をした?」「その次どうなったの?」と、ステップに分けてあげることで、全体としては複雑なストーリーを、グループの話し合いでつくることが可能になります。この辺は、大人も子供も関係ないように思います。

そういう仕掛けでした。

宇検村では8段階に分けましたが、4~5段階とかでもよいように思います。実際、5段階でやった事例もあります。

もちろん少ない方が、講師側も子供たちも、楽です。

あと、今回は省略しましたが、話づくりの前の段階も、もちろんあります。1回ぶんかけて、こんなことをやっています。

1回目の概要

  1. 場所を決め、実際にそこに行き、観察する。
  2. 創作スターターをつくる。(この場合、絵などに起こす)
  3. 創作スターターを眺め、どんな由来がありそうか漠然と話し合う。
  4. その場所がそうなる前、どんなだったか、想像をふくらませて話し合う。
  5. 4を受け、登場人物や大まかなシチュエーションを決める。
  6. 時間の許す限り、だいたいどんなことが起きたのか、話し合う。
  7. グループごとに発表(状況の報告)。講師(この場合、私)は質問をしたり、発表を受けて思いついたことを話したりする。

今回紹介したプロットづくりは、ワークショップ全体でいうと、2回目の内容になります。